プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

私の心理の蜘蛛の巣構造

私が結婚できない理由

私が家族と不仲な理由

自己分析

 

私を中心に複数の円が周囲にある図を想像してください。

その、あらゆる場所に他者をプロットします。

 

遠い人は見えません。

中程にいる人は、私にはキラキラ見えます。

しかし、その人たちが徐々に円の中心に接近してくるにしたがい、私にはその人たちの悪徳が見えるのです。

何ら変わらぬ清い心で近づくその人たちは、私にとっては敵なのです。

ある、境界線より侵入しようものならば、私はその人を攻撃せねばなりません。

逃げてください。

キラキラの領域まで下がってください。

 

簡単な図で説明がつきます。

 

ただ、私にも好みがあります。

好き嫌い。

それによって近付いて大丈夫な距離はもちろん異なります。

 

Aさんは3メートルまで近付いて良いけどBさんは10メートル下がってねといった具合です。

 

厄介なのは、私はそこにとどまってはおらず、行動します。

避けてね。

危険も伴うから。

警戒信号鳴らすから。

ちゃんと避けてね。

 

逆に、好きな人には自分から近付きます。

気を付けながら。

そういう場合もあるんです。

 

好みは変化します。

これも難儀です。

 

でもこれって、みんなそうなんじゃないかと思ってみたりもするんです。

 

他者のことはわからないけど。