プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

刹那~日替わりで切ない新たな課題が浮き彫りになる~

朝鳴ったラインは弟からのものだった。

支度をしていて気付いたのが暫く経過していたのだけれど

以降連絡がないものだから待ってくれているものだと思いこんでいた。

 

庭を片付けたいから処分してはいけないものはないかという確認がラインの内容だったのだが、それから程なく私は無残な景色を見ることになった。

 

切り倒された樹木

サボテン

 

それらは私の育てたもののみでなく

友人より預かっていたものもあった。

何れも、思い出深いものばかり。

 

中に、昨年の秋頃だったか、友人が持ってきてくれたランタナがあった。

「置く場所がないから預かって」

そう言いつつ

その心根は、店の門前に彩りをと考えてくれたのだ。

その斑入りの葉を

白の花を愛でて

幾人の人が立ち止まってくれたことか。

 

しかもその鉢

いまは亡き友人が冬の間大切に育ててくれたというではないか。

その鉢が、空になっていた。

 

どういう思いでその作業を弟は行ったのか。

 

私は、会いたくなかった。

顔を、見たくなかった。

形式的にラインしたから問題はなかろうとでも言いたげな彼の顔が浮かぶのだ。

そして、想像通りの対応が、次の瞬間に巻き起こる。

 

「あぁ、わるかったなぁ。このあとも片付けするから、いるやつとっといてや。」

感情なんてないぞと言わんばかりの威圧的な言葉であった。

 

「このカポックは歯医者さんが大切に育てていたもので……このひいらぎは……」

私の言葉は冷たい視線に流された。

「で、もう処分してええの?」

「……。」

ため息をつくしかなかった。

 

「こういうことを言っても共感なんか、ないんやろうけど。」

「ないよ、価値観が違うねんから。工場も2階も勝手に使って、それはしょうがないにしても、ここくらいは立ち退いてもらわんと。」

 

私の脳裏には、祖父母が浮かんだ。

無論のこと、価値観は違った。

祖父母が作った庭を、彼らの死後、私は片付けた。

 

弟はおよそ、そうした気分なのだろう。

 

「で、ここどうするん?処分してええん?」

「ちょっとまって!ここで育てるつもりやったのをいきなりそう言われても、考える時間をちょうだい。」

「いつまで?」

 

そんな、しょうもない、本当にしょうもないいやらしいやりとりをした。

 

家族を持って、子どもを育てるという環境の弟は、そうした視線で世界を見ている。

もちろん、独身の私とは価値観が異なる。

弟にとっては実家に居座る姉が邪魔なのだろう。

自分こそが親孝行している正義者なのだろう。

 

こうして、世代は変化していくのかもしれない。

 

ただ私は、そうした小さな視点ではなく、もっと広い目で地域をみていきたい。

文化や地域の歴史を大切にした社会というものを大切にしたい。

自分にとって不要だから切ってしまうのではなく

もっと広い視点で価値を考えたい。

 

君がゴミだと思うものは社会にとって大きな価値がある。

その事実を知らしめたい。

 

今日の切ない出来事をバネに

私は強く取り組む意思を、意義を、改めて確認した。

こういうときって、どのように心をコントロールしたらええんやろか。。。

パートナーと思っている人がグループで遊びに行っていることを、そこに居合わせた友だちのSNS報告で知る。

それ自体は良いのだけれど、私が嫉妬心を抱く人が参加している。

彼はそのことを知っている。

それを、後に知る可能性もあることを知っている。

 

彼は私に自身の予定を報告する義務などないと考えているだろう。

私も、逐一報告してほしいとまでは思わない。

もし報告してくれようとするならば、それは嬉しい性質ではあるが、そういう彼ではないことを知っているから、そこを報告せよと言えば嫌な感情を抱くだろうと想像する。

 

だがしかし、私が彼女に嫉妬心を抱くから、彼女には会ってほしくないと思っている。

だって、しんどいんだもん。

しんどいんだもん。

しんどいんだもん。

しんどいんだもん。

 

だけど彼にとっては皆も彼女も同じように友だちだから、彼女にだけ会わないようにするのはおかしいと考えるのかもしれない。

だけど、私を悩ませてまで彼女に会うことを望むのか?と私は考える。

敢えて、会っても会わなくてもどっちでも良い人であるならば、私のために会わない選択をしてくれても良いではないかと考える。

だがしかし、会いたいんじゃないかなって、思ってしまうのだ。

それは、彼女が男女共に人気者だから。

 

「今度の日曜日、大勢で集まる中に参加するよ、そこには誰々ちゃんも参加するよ、君の嫉妬心が大きくしんどくならないために予め報告しておくね」とでも言ってくれていたら私の今感じているしんどい感情はマシになっていたのだろうか。

 

彼が、どこに行くのも自由でいいと思う。

誰と話すのも自由でいい。

だけど、あの人のことに興味しているとか

あの人のことを好んでいそうだとか

一緒にいると、そういうことが見えてくるじゃない。

そういう人みんなに嫉妬するわけではなく

彼女だけは近づいてほしくないねん。

商売人には向いてへんねん

お客様がいらっしゃって

常に笑顔で出迎えて

嫌な客でも誰であっても

ありがとうございます

それがリピーター増やして

売上増やす客商売なんやろうと。

 

せやけどどうや

客が来ることそれ自体が苦手とか

客ってたいがい予定外やん

良い客悪い客関係ないねん

誰が来てもどきっとすんねん

もうなんで来んねん思うねん

 

そんなわけやから客商売向いてへんねん

誰がいやではなくてな

誰が来てもいややねん

誰も来んとってー思うねん

そんなわけやからしんどいな

 

価値を生産できないならば

どういう仕組で金稼ごうか?

コーヒーの師匠と専属焙煎士に送った今朝のライン

おはようございます。

以前、酸味が気になると言っていたコーヒ豆。
今朝飲んだらめちゃ美味しかったというお話。

あれから、コーヒーの味というもの自体がよくわかならくなっていました。
飲む環境によって。
その時の体調によって。
他者の反応によって。
特に、自身の心理状況によって味がめちゃくちゃ変化することに気付きました。

強く酸味を感じたあの時。
慌ただしく淹れたコーヒー。
お客さまの評価が無かったという不安。
美味しくないのではないかという疑い。
懐疑心の中で飲んだコーヒー。

あれから色々考えて、落ち着いた環境で、自分が美味しいと思えるコーヒーを思い出し、自分の好みの挽き方淹れ方。

お、これは美味しそうだと思って飲んでみたところ、あれから日数が経過しているにも関わらず、酸味なんて感じない。
なにこれめっちゃおいしいやんって思いました。

一杯のコーヒーには様々な要素が含まれていて、その中の何を感じ、何を味わうかは自分次第で変わるんだなーって。

今日の学びです。

いつも、美味しいコーヒーをありがとうございます。
これからもよろしくお願いします☺️

陰徳の美

誠実であからさまな世の中を夢見る。
夢見ると表現するのはつまり、それが夢であり現実にはおよそ不可能であろうということ。

誰もが、誠実な心の内を表現したらいいのに、と私は思っている。

人は発言で自身の守りを固める。
弱さをひた隠しにし、醜さが顕在化するのを恐れる。

恐れることなかれ。
誰もがそうであるのだから。
誰もが醜いのに虚言にてよく見せたがるから、世の中が、人間関係というものが小難しくてならない。

今日、【陰徳】という言葉を知った。
黙って良いことをする。
素晴らしい。
わざわざ公言する必要ない。
だが、言いたがる人がいる。
それはそれで良いのだが、付け加えて自身の弱さも論ずるべきだ。

私は今朝、倒れていた老人を起こして差し上げた。
このことを皆に知らせたいという私の心理の内には、自分が良い人間だと思われたいのと同時によくやったと褒めてもらって優越感に浸りたいがためである。

このように申すなら、変なやつだと思いつつも、行動のみ述べるアホよりは評価するであろう。

だが、そんな面倒なことは省いてしまって、ただひたすらに自己満足に留めれば良いではないか。

若しくは、そんなことを考えるまでもなく日常の出来事だという認識であるならば、呼吸するのと同等に他者に良かれの行動ができるはずなのだ。

つまりは、稀に行う突飛な行動であることを露呈して、更に承認欲求のかたまりですという行動こそが、良いことした発言なのである。

プチ断食(およそ1日1食)の経過報告

開始したのが3/5

昨日でちょうど2週間。

 

それ以前が食べ過ぎる傾向にあり。

そのために1日1食は腹減るどころか心地良い状態になれた。

朝のみ摂取。

食料は自由。

量も自由。

満足するまで食する。

水分制限もせず。

飲酒もOK

 

1週間後の12日に酒の席。

豆腐やらのヘルシーでOKとするが飲みすぎて翌日食事できず。

まぁリセットできて良かったか、な。

 

13日、耳に異変。

ググると、耳管開放症、ぽい。

その原因に体重減少もあるので。

翌日改善。

次の日、また軽い症状のため耳鼻科にかかるが、そのまま症状は治まった。

 

さて、いつからか体がかゆい。

乾燥?と思っていたが、何らかの栄養不足ではないかと考える。

かきむしり傷がひどくなってきた。

ググると鉄分の不足?

そういやたちくらむし。

そういやこの1週間、パンばっかり食べてるし。

これは、ビタミンとミネラルが不足しているに違いない。

 

だが今日からは焼売の週。

まぁすぐにどうということもなかろう、明日あたり野菜を買おうかな。

 

そうそ、一昨日あたりから、夕刻以降腹が減るために豆腐や納豆を食している。

豆腐、おいしい。

野菜を、夕刻に活用したい。

 

さて、頭が冴えているかどうかは分からないが、今は体のかゆさに気が向く。

それ以上に今は腹が減ったので食事の支度に取り掛かろう。