プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

自分を正確に捉えるということ

例えばダイエットについて考える。

まずは自分の特性をとことん書き出す。

内面についてのこと。

何が好きで何が嫌いか。

得意と苦手も。

波があるのか、どのくらいの周期でどのくらいの振り幅か。

行動の特性も。

感情の起伏も。

様々な内面を洗い出してそれを理解しなくっちゃ行動の継続に繋がらない。

 

それは、あまりにも様々な場面がありすぎて書ききれないかもしれない。

とりあえずは、今書きだせることを書き出す。

そして行動の計画に移る。

 

時間の経過と共に思い出したことがあれば逐次加える。

そして、行動は段階的に。

少しずつ満足できるように。

自信を持てるように。

 

そこに科学的視点を加える。

ダイエット。

私の場合、太ももとおしりの肉を減らしたい。

そして総合的な体重を減らしたい。

特別な運動はやらない。

だって続かない。

ならば、総カロリーは少し減らさねばならない。

だけど、満足感を減らすわけにはいかない。

食事に満足できないと、ストレスで全体のバランスが乱れる。

それは、精神的な乱れ。

精神的な乱れは私にとって一番避けたい事柄。

もう、何にも出来なくなるし、苦しい日々がやってくる。

 

自分と相談しつつ

他者と比較せずにすむような環境をつくり

自信が創出される取り組みを積み重ねる。

 

ダイエットはまだいい。

自分のみに着目すればいいから。

難しいのが事業。

仕事。

社会と関わること。

自分だけでは済まされない。

社会を見て

現状を正しく把握したり

未来を予測したり

その上で自分にできること

持っているものを駆使して収益につなげ

更にそこから自己満足や自信にも繋がらなければ続かない。

考えることがあまりにも多い。

更に、それも逐次変化する。

 

まずは、自分について。

自分が行動して生きていくのだから

生きていけるために行動する。

より良く生きるために。

考えすぎず、行動する。

その黄金比は、思考3:行動7らしい。