プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

テイカーの役割って必要やんって私は思う。

巷ではGIVEこそ素晴らしいと誰もが言う。

見返りを求めるな、人のために、与えろと。

 

私は正直、かなり批判的に見ている。

 

与える人は、与えることによる満足を得ている。

その満足を得るためにGIVEするのだというのが私の考えだ。

そして、それ自体に批判はしない。

自分のために与えるのだと理解して与えたい人は与えたらいいと思う。

で、概ね与える人はそう理解しているはずだとも思う。

 

つまり、見返りは必ず求めているし、求めなければならないと思う。

見返りとは与えた相手が満足することである。

与える人は、相手が満足してくれなければ与える意味がないと思うだろう。

相手が満足するために与えるのだから。

だが、相手が与えられて不服そうにしていた場合、与えた人はどう思うか。

 

なんで与えてやってるのに不服やねん。

これは話にならない。

そもそも与えてはいない。

GIVEでも何でもない。

 

あれ、間違えたかな?

この人がこれが欲しいだろうと思ったのだけど、自分の勘違いで、本当は別の物が欲しかったのかもしれない。若しくは、これは欲しいのだけど、僕から渡されたくはなかったかもしれない。はたまた、貰うこと自体望んではおらず、自分で選んで購入したかったかもしれない。申し訳ないことしたな。返してもらおうか?いや返ってそれもおかしいかな?

考えすぎかもしれないけれど、それだけGIVEって難しいことやと思うねん。

 

相手が求めているものを相手が求める手法によって相手にとってより良いタイミングで与えることが、はたして完璧にこなせるであろうか?

 

ここで、実はGIVE&TAKEでキーになるのはGIVEよりむしろTAKEではないかと考える。

 

何かをGIVEされたとする。

物かもしれないし、情報かもしれないし、それは些細なことかもしれない。

内心、あーこれ違うんだよなーと思う。

実は同じもの沢山持っているとか、その情報知っているとか、それ、欲しくないとか。

だけどGIVEする人はGIVEして喜んでもらうことを求めているのだから、それを拒否したり嫌な顔したらせっかくの好意を無駄にする。相手を傷つけてしまうことになる。

そうした一切を踏まえて喜んでみせるか、若しくは丁重にお断りするか。

その技術が問われるわけだね。

 

それが困るGIVEでないならば、演技でいいから過剰に喜べばいいと私は思っている。

この対応はひとそれぞれだろうけど、あくまでも私の場合。

心遣いに感謝する感じやろか。

まぁ相手にもよるけどね。

迷惑なGIVEならば、嘘でも何でも使って断ろう。

 

大概、人間関係が良好ならば何をGIVEされても嬉しいし、その逆も然りなんやね。

 

さて、結局、あるGIVE&TAKEが起こったとして

ギバーは与えてやった優越感と喜んでもらえただろう満足を得、本当に喜んでもらえただろうかという疑念を抱く。

イカーは、ギブされたものが求めているものだった場合の満足と、満足させてやった満足を得、求めないギブだった場合のめんどくささと与えられる弱者になる。

両者にとっては、コミュニケーションを図れたという良い面と、めんどくさい人間関係に神経使うしんどさがまとう。

 

もちろん、どう考えるかはそれぞれ。

でも、どう考えるにせよGIVE&GIVEは成立せんやろ。

うまいこと受けてあげるテイカーの役割こそ重要やと思うんや。