プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

わくわくしやなあかんのんけ?

吐きたい。

本音を吐露したい。

それでここにやってきた。

 

人生は苦行や。

生病老死や。

四苦や。

それがベースや。

そう言われる方がしっくりくる。

 

そりゃ私かてわくわくするときもある。

そんな時は幸せいっぱいで

人は快楽のために生きるんやと思う。

 

せやけど両者は必ず共存するから

幸福ばかりでは決してない。

 

せやのに表面的にポジティブを装っている人がいかに多いことか。

ちゃんと、裏に安全地帯があって

吐露する場があって

慰められて癒される。

そうした場所をもっているから明るく振る舞っていられるのだろうか。

 

辛いときは辛いって正直に言える方が良くない?

そこは、慰められたいのではなくて

辛いときにわくわくなんて言ってられへんやろって。

なんかさ、腹立たしく思ってしまうのよ。

 

辛いときでも笑顔で偉いねーと

そんな風には思えないのよ。

 

辛けりゃ辛い

しんどけりゃしんどい言えよ

その方がいさぎいいってゆーかさ

個人的に好きやな。

あくまでも個人的な話で

 

おそらく全体的な美学が

わくわくとか笑顔とか感謝とか

ポジティブな言葉なんやろうな。

 

現にそういう人が賛美され

人が集まるわけやもんな。

 

そういう人が後に

あのときはしんどかった

なんて言うのがええ話なんやろな。

 

ともかく

無理にわくわくせんでええと思うねん。

「無」でええと思うねん。

私は無でいこう。