プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

切ないお話し

自分を主語にして愛を語らない男は

それにどういう意図があるのだろうか。

つまり愛情表現をされないということ。

アイラブユーを言わないということが何を意味するのか。

思っているけど言えないのか

思っていないから言わないのか

前者ならかわいいが

後者なら辛い。

自分に愛は無いがやることはやる、だって好きだもん?

求められるのも気分いいし?

君だからではなく、他の誰であってもいいのだけれども?

たまたま君なだけで?

愛はないよ?

でも言えないじゃん傷付くだろ?

君を傷付けないために僕は言わないだけ?

でも嘘も言えないから愛しているとは言えない?

うーむ悩ましい。

そもそもはそうかもしれないが

女子は期待するもので

心は徐々に出も傾いてくれるんじゃないかと思ってみたりするわけで

そうしたら言ってくれるようになるんじゃないかとも思うわけで

だけど全く言葉にされなかったら寂しくもなるわけで

催促してみても言ってくれなかったらやじはり愛が無いからなのかと落胆してみたり

そんなわけでアウトプットしなければ収まりつかないわけで

私もそんなに悠長に待ってもいられなくって

何より言葉だけでいいのにね。

なんでその一言を男は拒むのか。

いったじゃんと追々問われることから回避したいがためか?

責任問題とかそういうことに怯えているわけか?

ひとこと「好き」と言うことがそんなに難しいことなのか?

言いまくっている私には不思議でならない。

思ってなくても言ってくれたらいいじゃない

それを言わないってどういう頑固なんだろうか?