プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

Soft Bankから格安スマホJ:COM MOBILEへ乗り換えの記録

なかなかややこしい事の顛末を記録しておこうと思ったのは、どうも無知の不利をいいように扱われている感否めないからだ。

本当にこうしたネットやらITの分野って難しい。

そうした難しい分野の多い現代に生きるに当たって信頼が重要になってくるし、つまりは人脈こそ生き抜く術のようにも思われる。

 

さて、あまり活用しきれていないスマホに月1万以上かけているのは誰が聞いても馬鹿らしい。

だけど、分からないことにはなかなか踏み出せない。

でもそんなこと言ってらんないと思って調べた中でJ:COMを選んだのはネットがJ:COMだったから。

更にはSoft BankのXPERIAからの乗り換えでそのままの端末でsimだけ入れ替えて使用できそうになかったものだから、スマホセットで割引があるJ:COMにした次第。

 

それで1年間は月々2000円くらいになるんだからいいよね。

1年超えても3000円くらい。

まずはSoft Bankの更新月を調べた。

2年経過後の2ヶ月間。

この時期だと契約解除料9000円くらいが発生しないから。

でも、それを調べるに当たって、HPに記載された書類の文言は誤解しやすい文章になっているので、よく読まないと混乱する。

分かりやすく記載してくれていないのは敢えてなんでしょうか?

なんか、いやらしいです。

でもって、番号そのまま乗り換えるためのMNPナンバーを取得するために電話。

電話に出られたオペレーターのお姉さん堀田さんは親切でした。

まぁ、サービス業としては普通なのかも。

 

月の途中で変更されても日割り計算はしないので月末の方がお得だと教えてくれたのだけれど、もうややこいので結構ですと、月初めに依頼した。

これは功を奏するのは後述。

この手続きに3240円必要だと。

これが変更先でも必要になるのだと。

変更先J:COMの手続き費用は結局4000円だったのだけど。

まぁ仕方ないね。

そしてJ:COMをネットで契約。

ついでに機種対応のカバーを樂天で発注。

両者無事到着したはいいが、ここからが問題。

 

さて、どうすれば良いのかが、同封のどの資料を見ても分からない。

仕方なくかけたカスタマーセンターのお姉さんの対応が、非常にまずい。

Soft Bankからのスマホ乗り換えで昨日端末が届いた旨を伝えて、これはどうすれば使用できるのかを問うた。

J「初期設定していただく必要がございます。」

私「その初期設定とは、どうすれば良いのですか?」

J「えーと、訪問サポートがお伺いすることも可能です。」

私「え、自分で出来るものではないのですか?訪問サポートではない方法は?」

J「説明をご覧いただきながら一緒にすすめていくことになりますが。」

私「説明書が入ってるんですか?」

J「同封されてございます。」

私「それは、えーと、見つけられないんですけど……初期設定と書いてあるんですか?」

J「初期設定の。。。。と書いてございます。」

私「え……それは、どのくらいの紙ですか?冊子ですか?」

J「端末と一緒に入っていると思いますが……」

私「端末と……小さい冊子になったやつですか?」

J「え……。」

私「……あの、訪問サポートをお願いします。」

 

まぁそんな流れでそういうくだりになった。

何がまずいって、とても機械的な対応だったのが、非常に残念でした。

質問に対する回答のみではなく、私が何に困っているのかを察知して温かい雰囲気の話し方で提案していただきたいというのは望みすぎなんでしょうが。

 

さて、そんなわけで訪問サポート待ちの今。

これまでにひとつ分かったことは、初期設定とはAPN設定とアプリや電話帳の移動ということらしい。

そのAPN設定をするに当たって、どうやら私のスマホセットAプランとやらはカスタマーセンターへの問い合わせが必要らしい。

つまり、私のとった行為は正しかったんじゃん?

でもって、カスタマーセンターに問い合わせた結果が上記なら納得いかないな。

若しくは、結局のところ訪問サポートは必要なんだろうか?

よくわからん。

 

とにかく、もうカスタマーセンターに電話したくないという心境になってしまっている。

ロボット対応は名乗らなかった彼女だけかもしれないけれど。

それでも嫌気がさしちゃったわ。

この先思いやられるけど、めげてらんない。

とにかく今は、訪問サポートが良い人であるように祈ろう。