プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

考えるんだマキプ→

考えろ。考えろ。

課題が困難なほど考える価値が高まる。

行き当たったら自分の得意の部分で考えろ。

人に相談なんてしなくてもいい。

どうせ同じこと言うだけだ。

それ以上のこと言われても受け止めるのは自分の脳だ。

それならば断然本を読め。

こちらも同じ、受け止めるのは自分の脳。

本の方がずっといいぜ。

だってマキプ→に批判しないもん。

文句言わないもん。

それでいて様々なことを教えてくれる。

マキプ→落ち込む必要が無い。

これはいい。

やる気だけ与えてくれる。

気に入らなければ閉じればいいだけさ。

途中で読むのやめても著者は怒ってこない。

私はただ一方的に知識を得られる。

しかもマイペースで。

そこから更に構想が膨らむ。

何て素晴らしい。

部屋にいながら安価で気も遣わずに。

そしてマキプ→考えられるようになる。

わくわくできる。

だから行動できる。

考えてみれば過去だってそうじゃないか。

本を読んで私は行動した。

誰かに何か聞いたことが参考になったわけではない。

そして私は自分で何をするかを選択できる。

人の意見を参考にするとつまずく。

落ち込む。

間違える。

他者は所詮他者の世界の行動しか知らない。

私は私に出来る行動しかできないんだから。

自分の好きな本を読んでわくわくすればいい。

他者の対応なんて気にするな。

マイペースで話せばいいんだ。

コメント返してやる必要もない。

さあちょっとやる気がでてきたね。

こうやって書いてアウトプットすることが私には必要なんだ。

重要なんだ。

他者なんか排除しちゃっていい。

私は私の考えでやるんだから。