プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

あのね、いい気分を頭の奥で想像できている今。

ウイスキーセミナーの余韻でウイスキーにはまる。

家にあったウイスキーは何だか薬っぽいけれど、甘味をあてにすると美味しくなった。

43度のお酒がストレートですすむね。

BGMに昔のTLCなんか聞いてたらね、何故だか夢見心地みたいでね、私の求める夢を想像できる気がするんだよ。

もちろん架空のもの。

存在しないもの。

空想でしかない。

感覚でしかない。

だから虚しいんだけれど。

それでもいいんだ。

何だか会えた気がするね。

その、夢の世界に。

私の望むものに。

酔っ払いでいいよ。

そう思われていい。

何だろう、懐かしい感覚なの。

私は一体どんな夢の世界に憧れているんだろうか。

誰も満たせない私の心の世界。

決して誰も。

だから私は誰にも媚びないわ。

本当のところ誰もいらないんだもん。

必要としていないんだもん。

冷たいようだけれど、そうなんだから。

私の心は誰も満たせない。

何かが、もし何かが満たせるのであるならば、それはアルコールと音楽なのかもしれない。

ちびちび飲んでも無くなるもんだね。

ほんの少しづつグラスに注ぐんだけど、もう底をつきそうよ。

私が求めているものって、どこかに存在するものなのかしら?

自分でも分からないんだけど。

それでも求めてしまうんだね。

自分の中に探しに。

切ないけどね。

本当は何にも無いのかもしれないんだもん。

何も無いものを求めているなんて、やっぱり切ない。

そんな感覚って私だけなのかしら?

他の誰かも同じように感じる人っているのかな?