プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

私にとって書くことは生きること

目の前に鍵がある。

私はこの度ただの一人きりとなった。

何者にも縛られない、ただの一人きり。

無限の自由が訪れた。

 

サルトルは言う。

「人間は自由の刑に処せられている」

同感である。

 

自由であるが故に人は他者を傷付ける。

そのつもりが無くとも人は傷つく。

私は他者を恐れた。

 

サルトルはこうも言う。

「地獄とは他人のことだ」

同感である。

 

私の傷口にその地獄があまりに沁みる時

私は社会を閉ざさなければならない。

それを他者がどう思おうが構っていられない。

とにかく一刻も早く逃げ出さねばならないからだ。

 

ただ私は今、皮膚の皮を厚くした。

故に地獄に耐えられている。

それが現状だ。

 

サルトルは言う。

「希望の中で生きよ」

同感である。

 

人は希望を持つから生きられる。

些細なことで良い。

明日の朝食で良いのだ。

私の場合さしずめそれは書くことに他ならない。

書いてはいけないことになったとしたら私は死ぬだろう。

息ができなくなって死んでしまうだろう。

 

私はサルトル実存主義に傾倒している。

これは共感的傾倒である。

故に、若しくはその末梢は異なる部分があるかもしれぬ。

現在のところ近似しているから利用できるのであって

私は私の哲学を構築せねばならない。

それが私の生きる価値なのだ。