読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

非特異的T波異常

心電図にて所見を認めます。

循環器内科を受診してください。

 

このように記載された特定検診診断結果が届いた。

ここ数年、再受診を促す結果を目にするようになったのは

年のせいでよくあることなのだろう。

さて、これなるはいかなるものかと検索すれば

特に心配ごとではない様子。

更に友人数名も同じ所見を頂いた経験があり

放っておいても問題無いというコメントも頂戴した。

……がしかし、受診してくださいとあるのだ。

この一文が、私を行動に導く。

友人も、そう書いてあるなら行った方が良いと言った。

 

別件のついでに受信しようと受付に申し出たところ

循環器内科は火曜日か水曜日の午前しかやっていないとのこと。

しかも、混むのでかなり待つのだという情報を貰う。

更に、診察は朝9時からだが、受付は6時かららしい。

はぁーそんなに人気なのか、と私は想像した。

満員御礼の待ち合いを。

朝6時かぁ……

私は今日、朝の実家の家事を断って、4時起きで支度した。

6時、とまではいかないが、7時半には病院に到着した。

さすがに静かだ。恐らく、後ほど混むのだろう。

そう思い、受付を済まし、暗い廊下を通って心臓センターへ。

私は一番乗りだった。

誰もいない待合で、読書タイムが始まった。

時折、うとうとしながら……

1時間余り待った頃、ようやく1人の看護師がやってきた。

「今日は初診はやってませんよ」

1時間以上待った人にかける言葉ではない。

私は最初、何を言っているのやらと首をかしげた。

「先生来られないんで、今日は診察できませんよ。」

「え……」

私は言葉を失う。

朝の家事を断り、4時起きし、15分歩いて、1時間以上待った、その結果が「帰れ」ということらしかった。

看護師は、あたかも自分が被害者であるかのように電話口で怒っている。

事務社員と思しき電話口の相手に……

「今日先生いないんだから断ってくれなきゃ困るじゃない!えぇ?だって1人今上がってきてるから!」

いやぁ被害者はあなたではなく、恐らく私だよ。

そう思いながら、私はその場を去った。

 

先日引いたおみくじに

「病気、油断すると危ない、医者を選べ」と書いてあった。

その「油断すると危ない」を気に掛けて赴いた受診であったが

どうやら「医者を選べ」を気に掛けるべきだったらしい。

 

さて今日は、午前の時間をプレゼントされたのだと捉えることにしよう。