プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

生まれて、生きて、死ぬ。

実存主義という哲学思想を知った時

私は歓喜した。

私が考えていたこととリンクすると思ったからである。

「人は生まれながらの役割がある」などと言う友人の隣で

「人は生まれて生きて死ぬだけだ」とは言いにくいのだ。

言いにくいが、言ったならば

「それは生命の真理だ」と言われた。

言わせておこう。

人も犬も虫も植物もみんな同じ。

生まれたことに意味など無く、消えてなくなるだけの存在なのだ。

生きた証を残したところで

何年も・・・何百万年もしたら地球だって無くなってしまう。

いつか消えて無くなるのに

私たちは毎日の生活を頑張っているのである。

生きる意味を探したり

子孫に何かを残そうとしたり

でも、何かを思って行う毎日の行動によって

私たち自身が喜んでいる。

幸福感を感じて、それを周囲の人にも感じてほしいと思っている。

そういう仕組みが脳の中にあって

私たちは毎日行動するように操作されている。

私たちの日々の循環が、一体何のためなになっているのかなんてことは

私たちには決して分からない。

私たちが生きている内に回答が得られることはないということだけは分かっている。

だから私たちはただ、生まれて生きて死ぬ

その生きている間を、なんとか幸福感で満たしたいと思うのだ。

それでいいではないか。

決して、意味付けが悪いというのではない。

意味付けで目標や希望を持てる人もいるだろう。

だが私は意味付けはしない。

ただ、一生懸命生きるのみである。

日々の出来事を頑張って楽しむのである。

楽しめない日もくるから。

楽しめる内に、楽しまなくては。

死ぬ気で生きるのだ。