プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

仕事ってなんだろう?

・・・ということを、かなり以前からよく考えるんですけどね。

会社勤めされていたり、自営業で働いておられる方は、なんてことはない毎日の作業それ自体が仕事であると理解しやすいと思うのですが。

とりあえず広辞苑で調べてみました。

①する事。しなくてはならない事。特に、職業・業務を指す。

②事をかまえてすること。また、悪事。

③力が働いて物体が移動した時に、物体の移動した向きの力と移動した距離との積を、力が物体になした仕事という。単にはジュール。

うーんと、私がこの中で問うている仕事とは①のことなのだけれども・・・

そっか、職業のことを仕事と言う場合がありますね。

えーと、それでは職業とは何だろうかと思ってまた広辞苑で調べるところには・・・

日常従事する業務。生計を立てるための仕事。生業。なりわい。

出てきましたね、生計と関連していると。

つまり、食うために行う業務が仕事?

だけれども私は、そこに疑問を感じるのですね。

 

例えば、毎日ボランティアで作業している人は?

それって仕事だよね。

例えば、おれおれ詐欺でお金を稼いで生活している人は?

それも仕事?

 

私はね、どうもお金を稼ぐことが苦手です。

どこかに雇われて規則的に業務をこなすことに拒否反応があります。

わがまま?

そうかもしれません。

でも、一度しかない人生を嫌なことして終わらせたくない気持ちがあるんだもの。

ならば好きなことでお金を稼げばいいわけなんですけどね。

それをずっと考えてきていて、なかなか好きなことだけしてお金は舞い込んでこないんですね。

そもそも、お金を稼ぐことが私の好きなことではないのかもしれません。

 

私は、世の中のお金が余っているところが足りないところに向けばいいのにって思います。

社会主義か、若しくは再分配方式か。

でも、そういうんじゃないんだよね。

例えば私が何か好きなことするとするでしょ。

そんな私を支援したいと思う人がお金をまわしてくれたらいいんだよね。

でも、私のお金が余ってきたら、今度は誰かのために使ったらいいと思う。

 

お金って、単なる紙切れなのに、何故ため込んで喜んでいる人がいるんだろうか。

子孫に残そうと考える人もいるかもしれないけれど

子どもはお金よりも、お金を稼ぐ知恵や技術を欲しいと思う。

誰かに貰ったお金よりね、自分の活動によって得たお金の方が嬉しいんだもん。

自分が認められたってことじゃん。

たとえそれがお金でなくても、生きることができたらいいんじゃないかな。

 

仕事って何だろう。

この疑問は、今後も継続するかもしれない。