読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

余韻

1歳5ヶ月の姪っ子が、良くなついてかわいすぎる。

良く走り、良く遊び、良く食べ、良く遊ぶ。

その、姪っこのしぐさや笑顔を想像し続けていることに、分かれて半時間ほど経った今、気付く。

そう、私は彼女の余韻に浸って、しばしの幸福を継続させていたのだ。

とかく、どんどん学習して、会う度に成長が見られることに感動を覚える。

半日遊んでいた中でも、すさまじい学習能力なのだ。

教えたことを、すぐ模倣してみせる。

きゃっきゃ言う、言葉にならない言葉の中にも、りんごを食べて溢れんばかりのスマイルで「おいしい~♪」と言う。

とにかくコミュニケーション能力がすごいのだ。

私が笑うと、嬉しいらしい。

彼女も笑って喜ぶのである。

そんなわけだから、笑いやオーバーアクションを好子にして、何でも教えられるのだ。

しかもかわいいものだから、こちらにとっても計り知れない好子となって、関わる行動が強化されるのである。

その延長で、今の余韻に至った。

幸せとは、こういうことを言うのであろう。