読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

勝負前夜

どうも昔より、人一倍あがり症と言いますか、所謂緊張の傾向が強い方でして。

今日もまた、肩に力が入っています。

緊張は拭えません。

単なる家族会議に、何故にこんなに緊張せねばならぬのか。

まさか歴史の節目の大事件前夜でもあるまいし。

秋山眞之などのことを思えば、明日の一件等ハエが飛んだくらいのことだろう。

つまり私は、父が苦手なのである。

父の言動は、全てにおいて否定したくなるし、嫌悪を感じてしまうのだ。

対峙すれば怒鳴ることしか出来なくなってしまう。

これは非常に困った事態になる。

嫌悪の念が頭から離れずのままに過ごさねばならない。

憂鬱だよね。

そんな風にはなりたくないと思うのは、いたって普通のことだろう。

故に私は、なるべく父と話さないよう、会わないよう、努めている。

互いのためである。

父も、娘に怒鳴られたくはないだろうから。

所謂ヒステリーなのかもしれませんね。

その言葉は、良い気はしませんが。

 

ですが家族というものは、何かしら問題が生じた際に、話をせねばならぬこともある。

この度は、祖母の介護をめぐっての件である。

誰かが自己の判断のみで勝手に行うものではない。

周囲の関わる人間の連携が必要になるのが支援である。

そんなわけで、『どこかお願いできますか』とメモに残す父に対して、話をせねばならないわけである。

まず、プロの支援をお願いするということは、ケアマネに来てもらって、ケアプランを立ててもらわねばならないということを、話さねばならない。

そして、キーパーソンは祖母と同居する父になる旨も。

ケアプランを作成してもらうにあたって、話し合いが行われる。

その際に、自分の思うところや希望を伝える必要がある。

どういうサービスが利用できるのかを確認して、祖母に何が適合するのかを話し合う必要がある。

そうした情報を関係者で共有し、日々の特記事項を伝達せねばならない。

それが支援だ、と私は認識している。

そのことを伝えねばならない。

 

細かいことは多々あるが、一度に言っても理解できないであろうから、とりあえず明日の目標は、そんなところにしておこう。

叔母が、来てくれることになっている。

間に入ってもらうのだ。

本当は、叔母も意見してもらって良いのだが、こちらから求めるのはよしておこう。

そう、細部はケアプラン会議のときに。

 

さて、明日のことを前夜から悩むのは、困った性質である。

が、愚痴を言っても仕方ない。

私の脳は、そうそう変われない。

なので考えて、準備して安堵させる他無い。

今からメモしておいたら、ケアプランもスムーズにいくかもしれない。