読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

サヨナラプラチナ

出会いがあれば別れがある。

永遠などというものは、この世に存在しない。

出会いはふいに、そして別れもまた、突然おとずれる。

23年間、いつでもどこでも肌身離れず、いつでも一緒だった。

私の青春も、涙も幸福も、一時も離れることなく過ごしてきた。

いつの間にか、空気のような存在で、当たり前のようになっていた。

決してその存在を忘れていたわけではない。

だが、いや、もしかしたら忘れていたのかもしれない。

もしくは、時期だったのかもしれない。

いつからか、私はじわじわと、ダメージを受けていた。

そしてそのことに、初めは気付かないでいた。

私は、他に原因を求め、対処した。

が、どうにもならない。

私の肌は赤く腫れ、思わず手をやった。

・・・もしかして、あなたの仕業なの?

半信半疑で、外してみたところ、すぐに痒みが治まった。

どうやら私は金属アレルギーになったらしかった。

16歳で衝動買いしたプラチナネックレスである。

これまでシルバーや18金で腫れたことはあったものの、このプラチナだけには反応しなかった肌が、年のせいか、とうとう腫れて痒くなってしまったのだ。

恐らくは、それのみではないかもしれない。

花粉か、乾燥か、気温差なんかも影響しているかもしれないが。

ここ2週間ほど痒かった首回りが、ネックレスを外したら治ってしまったんですもの。

なんてデリケートなお肌なんでしょう。

自分で初ローン組んで買ったものなので、特に思い入れは無いが、16歳以上の私の写真の全てに一緒に写ってきたネックレス。

共に過ごした時間は長いが、これで最後となった。

時期が過ぎれば、アレルギー反応も治まるかもしれないが。

いつまた症状が出るか分からないならもうしなくていいかな、と思った次第。

そして売ったらいくらだろう?なんて薄情なことも考えてみる始末。

サヨナラ、プラチナ。

一緒に過ごした日々を忘れないよ。