プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

ソフトバンクの料金が私に厳しい件

寝る前に充電満タンにしたスマホが朝充電切れになっていて、目覚ましが鳴らずに寝坊した。

以前は充電切れでも目覚ましは鳴らしてくれていた私のスマホ

それ以前に寝てる間に充電切れするなんて。

ほんの6時間ほどしかもたなかったことになるね。

更にはこのところ、天気データを表示してくれない。

カメラのシャッターボタンで電源が切れる。

買って4~5年経つ私のスマホは、明らかに弱りをみせてきた。

 

店員の対応の良さで決めていたソフトバンク

いよいよ今日、機種変更すべく店内に乗り込んだ。

祝日ということで店内は大盛況。

待ちくたびれる子どもを相手にするペッパーくんはベチベチ叩かれていたが

相変わらず店員の教育は行きとどいているようで心地よい。

故に皆、高くても契約してしまうのかそれは分からないが

私はその後、機種変更を断念して店を出ることになる。

 

私はまず、ネットでチラと見た『実質無料』の機種はどれかと聞いた。

がしかし、若い店員は、少し残念そうな顔をして

「あぁあれは古い機種なので入ってこないんですよ。」と言った。

続けて「今あるのはこれだけなんです。」とパンフレットやタブレットの画面を見せた。

そしてそれが1万ちょいだと言った。

様々なスマホが世に出回っている中で、私の選択肢はひとつしかないのである。

奇妙なもんだと思いながら、がしかし悩む手間が省けたと思い

「じゃあ、今のプランでそれに機種変更します。」と言った。

無料と思っていたのが1万になるのは痛いが、それで不具合も解消されるのだから仕方ないと思ったのだ。

・・・が、話はそう簡単ではなかった。

実は私、最も安い料金設定でスマホを使用しており、使用料は月に2千円程度だった。

それをそのまま継続することが不可能だというのである。

必ず、パケ放題に入らなければならないらしく、そうすると月に1万ちょいになるのだと。

前述した1万ちょいとは、機種変更にかかる料金ではなく、月々の使用料だと言うのだ。

「だいたい、これくらいが普通なんです。」

言葉で書けば冷たいようだが、店員は常に好感があり、実状を私に伝えた。

私は驚いた。

あまりに驚いて「時代は変わるもんですね。」と言った。

一体いつの時代の人間だと自分につっこみたくなったが、それしか言えなかった。

「他社からの乗り換えならば4千円くらいになるんですけど。」

その言葉で思い出して、政府の方針で今後プランが変更されたりするのかと聞いてみたところ・・・

「そうですね、4月から変わるかもしれませんが、まだ分かりません。」との回答だった。

その他、タブレットの場合やガラケーの場合なんかも聞いて情報を仕入れて

「4月までねばってみることにします。」と言った。

 

今回、機種変更は出来なかったが、別に得た情報がある。

他の機種云々以上に、店員の対応の良さのポイントは、接客の目的にあるのではないかと見た。

『契約してもらおう』というのではなく『お客様に気持ち良く店に来てもらう』ではないかと。

たとえ契約が出来なかったとしても、居心地の良い経験は再来頻度が増すきっかけになる。

現に、私は他社に変更するつもりはさらさらないのだ。

つまり、スマホ・携帯の契約にしても、その機能やデザインのみならずアフターフォローや店の心地よさも買っているのだと思う。

特に私のようなスマホ使用頻度少なめの人にとっては、その割合が大きいのではないか。

さて、とにもかくにも私はまだしばらく、壊れかけのスマホと付き合っていくことになった。

徳永英明が流れてきた~♪