読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

思考との出会いで感動を覚えたこと。

たまに新聞でも見てみるもんですね。

好きなんですけど、私はとっていないので実家でそれを、たまに閲覧するわけですが

普段時間的に気持ち的にゆとりの無い私は、それをあまり行動しなかった。

今日はたまたまである。

私は、私のこれまでの経験や知識に不満を持っている。

もっと知りたいし、もっと経験したいのだ。

だけど自分の速度を超えることは不可能なので、ゆっくり、マイペースで生きるしかなかった。

まぁ、仕方ないのです。

そんな私は、偉人の言葉とかに魅了されることがたまにあるわけですが

昨今目にする言葉に感動しない。

もう、同じような言葉は飽きてしまっているのだ。

ところがどっこい、今日はいいものを見つけた。

新聞の下の、書籍広告欄である。

 

幻冬舎「新しい道徳」北野武

一部目次が掲載されてるんです。その一部を抜粋しますと・・・

・小学一年生に自分を見つめさせて、なんの意味があるのか

・日本が豊かな暮らしを享受しているのは、どこかの国の貧困のおかげ

・一握りの成功者を例にして「夢を見ろ」と煽るのは、宝くじの宣伝と同じ

・悩まない人間は、他人の悩みも理解しない

・努力をすれば勝てるなんて幻想を、子どもに植え付けてはいけない

・権力者は自分の都合で道徳を作る。都合が変われば道徳も変わる

・歴史上の偉人たちが、道徳的な幼少期を過ごしたはずがない

・自分たちの道徳を押しつけようとするから、戦争になる

・さまざまな宗教を取り入れる日本人の知恵を世界に広めよう

 

どこかで誰かが言ったか、私は知らない。

私は今日、新聞の下の方にこうした言葉たちを見つけて嬉しくなったのです。

それは、「共感」という種類の嬉しさ。

そうそう、だよねー、こういう快感が私をめぐったのです。

この本を買うかどうかは別として

私は新聞を切り抜きました。

私は、ビートたけしについてあまり知らないし、たけし軍団は嫌いだったのだけど

今日イメージが良くなりました。

だから天才と言われるのかと思いました。

 

明日はもう、大みそか。

いつもと変わらぬ日を送る予定の大みそか。

そして今日は、大みそかイブ。