プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

時々、断捨離。

今日はとても寒い、らしい。

私にはよく分からない。

寒さに慣れてから、その度合いがよく判別できないでいる。

が、まぁ良い。

寒いと思えば着れば良い。

温かい飲み物を飲めば良い。

困るのが、指先。

冷たい手を時折揉みながら、キーボードを打つ。

 

年末。

あぁいつの間にか年末なんだね。

季節の変わり目に衣替えをする際に、

時折掃除をする際に、

私は物を捨てる。

使わない物を捨てるのは快感である。

未使用品も、貰い物も、どんどん捨てる。

不要な物が部屋にあるのが邪魔なのである。

たとえ片隅でも、たとえ押入れの奥でも。

あると思うだけで嫌なんだね。

所持品は、必要な物のみにしたい願望とでも言いましょうか。

だけど、捨てても捨ててもまだ多いんです。

なかなか、憧れのミニマリストにはなれないのです。

つまり、必要なんですね。

消耗品なら、年月をかけてでも使用できるわけですから。

年末だし、捨てたい気分にはなっているのだけれど、

あまり着ない服を捨てようか悩み中。

全く着ないわけではない。

春先に着るかもしれない。

だけど・・・捨ててしまいたい。

秋口に、コートやジャケットを多数捨てた。

おかげで未だに外出もパーカーで補っている。

まだいけるからいい。

もう少し寒くなれば、一着だけ残したコートを着ることができる。

そう考えると、やっぱり捨てようか。

無ければ着ようか悩まずに済む。

よし、リメイクできそうなものだけ残して捨てようと決めた。

そうと決まれば、まずは一杯やろうかしら。

奈良の純米大吟醸「梅の宿」

これがいける。

獺祭をしのぐうまさだ。

うーくぴー><