プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

未来なんて分からないから人生は楽しいんです。

今日届いたグリーンのニットはラメの星がキラキラでクリスマスカラーだった。

思いの外大きいその生地にアイロンをあてながら、何に仕立てようかと考える。

ふいのテレビCMは、黒人が何やらかっこいい歌を歌っている。

その瞬間私の脳みそはニューヨークへ飛んだ。

毎日めまぐるしい私の頭は、いつもくるくるとあちこちを旅するんだ。

なかなか予定通りになんていってくれない。

そもそも、予定をこなさねばということが間違っている。

自分の出来ない課題は不要。

私は、未来に夢見るが、常に一図ではいられないみたい。

一本、その木はあるのだけれど、周りにもたくさんの木があって

あっちに登ったり、こっちに飛び移ったり。

だって、一度きりの私じゃないか。

私が思う気に飛び移ればいいんだ。

もしかしたら、来年思いもよらないとんでもないことが起こるかもしれないし

もしかしたら、私に未来は無いかもしれない。

何かを夢見て努力するもいいけど

私は死ぬまで夢見続けるのもいいかもしれないと思う。

明日の自分は分からない。

一時間後の自分すら分からないもの。

CM見ただけで幸福になっている私は

赤ワインと柿ピーで更に幸福になっている。

だけど、ランチをごちそうになっても幸福ではないかもしれないし

素敵な靴をプレゼントされても幸福ではないかもしれない。

明日の私が何を考えるのか。

今日の私には分からない。

恐らくこうだろうということがあったとしても

明日の私は今日の私を裏切るだろう。

だから面白い。

人生はこうでなくっちゃ。