読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

クリスマスは苦手です。

もうすぐクリスマス♪

街はディンドン♪

人々はスキップ♪

 

なーんて、私にはそんな気分にはなれないクリスマス。

その、何かにかこつけてルンルンするとか、イルミネーション飾ってイベントするとか、一向に良いと思います。

ですが私自身、クリスマスの意味を、感覚を、あまり理解できないのですね。

キリストと、親しくないのですよ。

キリスト教についてはほとんど知らないし。

やっぱり、仏教や神道の方が馴染みがあるのです。

 

例えば、ノーベル賞芥川賞のような、個人の成果に対する賞賛は素直に「おめでとう」だし、全くの他人であっても喜ばしいと感じます。

もっと些細な、学校卒業したとか、試験に受かったとかも、めでたいことです。

どうやら、努力や成果に対する「おめでとう」は、私にとって理解しやすいんですね。

 

誕生日は、百歩譲って肯定しましょう。

人の、人生の始まりですから。

ですが、おかあさんの努力による成果だから、何だか自分の誕生日に「おめでとう」と言われても、実のところピンとこないんです。

私は何もしてないしって。

もちろん、他者の誕生日はめでたいと感じます。

その人が、生まれてきた記念です。貴重な感じを受けます。

 

そういう具合に考えてしまうせいか、クリスマスにピンとこないんですね。

プレゼントとかもめんどくさいし。

いや、苦痛ですらある。

一体何買えば良いんだー。

どこに行けば良いんだー。

 

でも今年は、嬉しい言葉をテレビで耳にしましたよ。

『くりぼっち』

クリスマスを敢えて一人で過ごす人が多いそうです。

もちろん私もくりぼっち!!

テレビで見たくりぼっちたちは、一人でケーキ食べたりプレゼント買ったりするみたい。

おもしろいね。

私は今のところ予定はないけど・・・

せっかくだから一人パーティーでもしちゃおうかしら。

あ、愛犬の遺骨があるから、くりぼっちでもなさそうだわ♪