読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

我以外皆我師

吉川英治が自己の人生観として述べた言葉として有名なようです。

私は彼の小説を読んだこともありませんし、名前と時代作家ということ以外は何も知識がありません。

ですが、この言葉は良いですね。

友人は、この言葉は謙虚さを表していると言います。

私は、それのみではなく、いやそれとは異なり、傲慢さも感じ受けます。

相手が誰であれ敬いの気持ちを持つ、というのではなく

相手が誰であれ、そこから何かを学びとれないわけがないのです。

時にそれは、反面教師の場合もあるでしょう。

人のみではない、見るもの、触るもの、聞くもの、五感を通して感ぜらるるすべてのことから学びはある。

その、何ものからでも学びとろうという貪欲さが、自己を高められるのだと思うんです。

吉川氏が、どういう意味合いでこの語を好んだのか、私には分かりません。

ですが、それを表現してくれていたおかげで今日の私は、この語の意味を考えてみることができたわけです。

これもまた、ひとつの学びであり、つまりは吉川氏が私の師となったわけです。

おこがましいかもしれませんが、勝手に師と仰がせてもらいます。