読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

今日のばーばら

毎日、話題が絶えないのが我が祖母、ばーばら89歳である。

ばーばらとは、もちろんニックネームである。

 

今朝は、顔を出すと台所でなにやら一生懸命作業をしていた。

見ると、ヘアーゴムの結び目の毛羽立ちを、ハサミでカットしていた。

珍しく、真剣である。

暫く後・・・

「もぅ、このハサミなんで切れへんのやろ。」

赤と青のキッチンバサミに苛立っている。

この赤と青、キッチンバサミではあるが、普段は主に紙やら何やら多用途に使用している。・・が、布は切れないというのは先日確認した。

どうやら、ゴムも切れないらしい。

「ちょっと、そこの黄色いハサミ取って!」

苛立ちが、私の方に拡散した。

「これはキッチンバサミやからあかん。」

そう言うと、これまた珍しく「そっか。」とつぶやいて諦めた。

・・が、切れない赤で、頑張っている。

私は、別の部屋から、子どもが使うような、小ぶりの工作ハサミを持ってきて手渡した。

ばーばらは、おもむろにそれで切ってみた・・のが良く切れた。

何というストレスフリーなハサミなのか。

見ていた私も気持ち良かった。

長いこと苦闘していたばーばらの作業が、あっけなく済んでしまった。

苛立ちが表情から消えたばーばらはひとこと、

「切れへんと、イライラするな。」と。

この、素直さがおかしい。わらかすね。

 

思い通りにいかないこと、いくらでもあります。

今回ばーばらは、ハサミという環境が変化することで難を逃れました。

だけど困難の多くは、待っていて勝手に去っていくものばかりではない。

更には、対処や克服の方法はひとつではない。

人によっても異なるし、自分の状態によっても異なる。

自分の脳内物質を自分で操られたら良いけど

特に、不本意に変化の多い女子は苦手なんじゃないかと、女子の一人として思う。

そんな私は、幾つかのアイテムを備えている。

先日紹介したβーエンドルフェンを分泌させるCD。

リラックス効果のアロマオイル。特にラベンダー。

マッサージオイル。こってりひまし油オススメ。

好きな本。思いを馳せる。

キレイな布たくさん。見てると嬉しくなる効果。

テッド。毎夜一緒に寝てる。

オオクワガタ。観察するよ。

 

私は、色んな環境に助けられている。

そこに他者がいないのは残念ではあるが、他者は自分に合わせてコントロールすることが不可能だから、頼って期待すると、叶わない場合に余計ストレスが生じることになる。

故に、自分の身も心も自分で守る。

 

年をとると、そういうことが自分でできなくなってくるから

周囲が環境設定してあげなくちゃ困難から抜け出せない。

ここにもあったね、本人主体。