読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

休憩。

昨夜、司馬遼太郎が目の前に落ちてきた。

いや、本人が落ちてくるわけない、本であるが。

一昨日取り付けた壁面書棚から。

丁度、グラスのワインは飲み干しており、ワインボトルには栓がしてあった。

どうやら遼太郎は、そのタイミングを見計らって、派手にダイブしたらしい。

目の前で色々が倒れるも、パソコンは無事でいられた。

 

読めってか?

確かに、数日前から置き去りであるが。

私には、先約課題が山積なのだ。

でもこれって・・・もしや何かのメッセージかも。

私は、とりあえず本を書棚には戻さず、手元に置いた。

 

関ヶ原』上巻、まだまだ始まったばかり。

島左近の魅力満載の段である。

 

さて、そんなことはどうでも良いのだ。

今日は『マイナンバー制度』について書きたかったのに。

何だか出だし、やる気失せるなぁ。

 

とりあえずコーヒー入れて雇用・・・じゃない

入れてこよう。

・・・雇用で思いだした。

『障害者雇用納付金制度』についても書きたいことがある。

 

制度、制度、ばっかりだね。

日本は法治国家だもんね。

私は、法治は嫌いではないけど

それに縛られてしまうのは嫌いだな。

何かの理由に、「法律で決まっているから」と意気揚々と言う人、何だか情けない。

いや、良いんだけどね。

私の好みではない感じ。

 

好き嫌いで思いだしたけど、私、『責任』という言葉嫌い。

この件も長くなるからまた、機会を見て。

 

さてコーヒー。

やっぱブラジルかな。

通は濃い目だよね、なんて。

安いコーヒーです。

 

ブログってさ、私の場合、自分に書いてた。

だけどたまに、お知らせが来るんだよね。

スター☆がついたって。

えー日本のどこかで、私のたわいもないうわごとを読んでくれてる人がいるんだー。

何だか妙な感覚なんですよね。

ラジオでハガキが読まれるとか

雑誌の懸賞当選欄に名前が載るとか(昔だね。今は名前載らないね)

そういう類の、一種浮き立った感じかなぁ。

私の自己満足が、自己満足で完結ではなく

他者との(一方的ではあるが)コミュニケーションに変化していたといった感じかな。

 

そこで素直に喜べないのが私の良くない部分かもしれませんが。

いや、嬉しいんですよね。

スター付けてくれるってことは

いかなる種類かは分からないけど、好感を持っったということだと思うんですね。

まぁ、嫌悪感抱いて去っていく人は、私には見えないところにいるのかもしれませんが。

その、少しでも好感持ってくれた人が、次に書くブログを読んで幻滅しないだろうかと考えてしまうわけですね。

もしくは、暫く書かなかったりしたら去ってしまうのではないかとか。

ネガティブですね。

はぁ。

ブログじゃなくても、そういうのが怖くて、他者に近付けないという部分は多分にありますね。

ま、いーんですけどね。

人は誰しも一人きりですから。

 

5時をまわると、急に暗くなってきました。

洗濯物を取り込まねばなりません。