読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

そろそろ、やばいかもー。

今の部屋に越してきて、三度目の夏。

プー子である私は、節約のため戒めのため、

来客時以外エアコンを使用しない掟を貫いている。

ところが、ハイツ4階最上階という環境は

階下への熱を遮断するための、熱吸収階であることを初年度、思い知った。

暑さへの耐性を自負していた私も、さすがに39度の室内には恐れ入った。

今年は、まだその数字を目にしていない。

いや、熱の籠っている時に温度計を見ていないだけかもしれない。

未だ、暑さには強いつもりでいるのだが、

どうやらそれは、慣れと鈍麻が引き起こした錯覚だったようである。

年齢を重ねるにつれ、体は確実に衰えているようである。

決して、辛い暑さではない。

ないのだが・・・昨日からふらついている。

今朝は座っているのも辛く、時折寒気で鳥肌まで立つ始末である。

これはいかん。

熱中症は、気付かぬ内に、急にくると連日テレビが言っていたではないか。

気付かぬ内に、急に死んでは困るのだ。

プー子はプー子なりに、成すべく志があるのじゃ。

さて、そんな私も実家の冷房で生き返り、

また暑い自室に戻ったわけですが。

節約ならば、ショッピングモールや図書館に行けば良いのですが、

自室に戻らねばならない訳があるのです。

玄関ドアも開け、全ての扉を開け、扇風機をまわす。

快適に感じはするものの、タニタは37度。

PCは使用せずとも熱く、重力は倍に感じる。

私は、ある試験勉強をしたかったのですが、

思いは宙に消え、体は床に吸い込まれて

そのまま2~3時間は床のコゲとなりました。

それでも私は、エアコンはつけません。

何故なら、ひとたびつけたら最後

エアコン生活になってしまうことを恐れているからです。

エアコンなど使わずとも、工夫次第で涼しくなれるはずです。

さてここで、熱さまシート登場!

これは気持ち良い!

こまめにお茶も飲んでいます。

昔の人は、エアコンなんて無いですから

いろいろ工夫したはずです。

そうやって考えることが、私には出来るわけですよ。

すぐにエアコンに頼ってしまう人には出来ないことです。

ただ、心配なのは実家のオオクワガタさんたち。

屋外飼育なので、心配、心配です。