読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

マキプーの野望

夢と言うと、何だか輝かしくステキですが

私には野望の方が似合うように思うので

まぁどちらでも良いのですが。

 

これまでからも考えていたことですが

私、ネガティブモードが多いんで

そういうときは、恥ずかしくて

と言いますか、批判が怖くて主張出来ないんですね。

今日は珍しくポジティブモードなんです。

なのでせっかくだし

これまで書きたくて書けなかったことを

書いておこうかなという気持ちになっているんです。

 

私には、野望があります。

一人で寂しい高齢者

親にかまってもらえない子どもたち

行く場所の無い障害者

そうした人たちが集って、それぞれに役割を持って有意義な時間を過ごせる場所をつくること。

 

想像は、曖昧で果てしないです。

ネガティブな私には「で、具体的にどうすんの?」なんて声が聞こえてきます。

はっきり言って分かりません。

地道なプランを立てたりしたら

かなり遠い未来の夢物語だし

一発賭けに出るほど無謀ではありません。

恐らく、考え中はまだ暫く継続しそうです。

 

今可能なのは、想像。

想像は自由です。

 

そこには笑顔がたくさんあります。

そこは、施設ではありません。

誰もが来たいときにいつでも来られる場所です。

費用もかかりません。

料金が発生すると、来たくても来られない人が発生しますから。

子どもたちは、昆虫の観察をしたり

お年寄りに教わってお花を育てたりして遊びます。

疲れたら、横になって休む場所もあります。

体に不自由のない障害者は、皆に冷たいお茶を配るお手伝いをしてもらいます。

もちろん任意で。

広くて、自然がいっぱいで、すがすがしい空間を維持します。

維持費が、かなりかかりそうですね。

これも勝手な想像ですが

ある大企業が(ソフバなんて理想)出資してくれるんです。

企業のCSRとして是非って買って出てくれるんです。

そしてマスコミに取り上げられ(アサチャンの特集とか)

うちでもやりたいっていう輪が広がります。

主催者も、企業も、どんどん増えて全国的に広がるんです。

なんと、世界的にも評価されるようになる。

 

書いててふと思ったんですけど・・・

なんとなく、ピケティの構図ですね。

お金のある人が無い人奉仕

でも、金銭がそのまま動くのでは困った事態が発生する。

再分配のような例ですが

人は、何の見返りでもなく突発的に金銭を手にすると

金銭に対する価値観が下がります。

これは、労働経済で学んだ原理です。

行動分析にも当てはまりますね。

つまり、働かずして収入があると

働きが悪くなるんです。

大なり小なり誰にでも言えることです。

なのでやはり、お金は裏で動いてもらうのが良いと思います。

裏と言っても裏組織ではないですが。

 

話はずれましたが

想像は楽しいですね。

あくまでも、空想の野望です。

私の今の日常の行動と、その野望がどう繋がるか

そんなこと自分にも分らないんです。

でも、こういうことを想像できる私は

幸せだなって思います。

生涯に、少しでもその場所に近づくことができたなら

私はもっと幸せだなって

生暖かい強風に吹かれて、まどろんでいます。