読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

青黒ドレス

数日前、話題になってましたね。

同じドレスの画像が

青と黒に見える人と

白と金に見える人がいると。

これは面白い現象ですね。

光の加減等を脳が自動的に考慮して処理した画像を

人は視覚認識するわけなんですね。

そのメカニズムに個人差があることを証明した画像

と言うことが出来ると思うんです。

 

ネットショッピングありますよね。

洋服とか生地とか

評価やコメントなんかが記載されていて

評価が悪い場合の代表的なコメントに

色味が実際と異なるという理由が多く見受けられます。

これはもしかしたらですよ

照明の加減やパソコン画面の加減もあるでしょうが

それを超えて個人差の影響でもあるわけですよね。

照明の当て方によって

個人差が出やすかったりするようなので

そうした研究が進み実践したならば

悪評が減る可能性もあるわけですよね。

 

それ以前に

見え方に個人差があるという事実

このことを考えたならば

例えば今私が見ている赤は

他の人が見ている赤と異なる可能性だってあるわけで

黒でも緑でも黄色でも

全てが微妙に他者とは異なる見え方をしていると思うと

不思議というか面白いというか

絶対色彩なんて無いかもしれないと

ふと、思うのです。