プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

葬式の村

私の住む村では、月に一回、葬式があります。

つまり、月に一人は亡くなるということです。

こう書けば何だか怖いですが・・・

高齢化している村ではよくあることかもしれません。

年度初めから、毎月葬式があります。

うちの祖父は七人目。

そして月の終わりにまた訃報が入りました。

あれ?同じ月?と思いきや、月末だから葬儀は翌月。

なりほど、月に一度のルール通り。

そう思うも束の間、どうやら今回は家族葬にするらしいと連絡が入る。

楽で良いのだが・・・そうなると別の誰かが死ぬなぁなんて冗談で言っていた。

それから一週間。

今日、新たに訃報が入った。

大正七年生まれのおばあさん。

特に若い人が亡くなっていくわけではなく、ちゃんと順番に上の人から天に召されるわけですから何等問題無いのですが

ちゃんと月に一度、葬儀が行われるわけですね。

今回の方は葬儀もちゃんと行われるそうですから

とりあえず今月のノルマはクリアなのかしら。