プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

祖父の在宅介護記録⑭ 10月21日(火)

泌尿器科ドクター』

前日の代金を支払いに、夕刻泌尿器科へ行きました。

こちらのドクターは往診をやっているわけではないので、今後も継続してということは到底期待出来ないと考えていました。

待ち合いで会計処理を待っていると・・・

診察室から私を呼ばれました。

お会計のみと思っていたので、あら?と思っていると、看護師さんに「一応入ってください。」と促されました。

「あれからちゃんと出ているか気になって。」診察室に入るなりドクターはそう言いました。

嬉しいですね、やりっぱなしではなく、その後を気にしてくださるなんて。

「順調に、ちゃんと出てます。本当にありがとうございました。」

それから、前はどうしていたのか等尋ねられましたので、在宅介護に至った経緯や、ついこの間退院したばかりでバルーン交換は今回が初めてだったことなんかを話しました。

そしたらドクター「これからも何か困ったらいつでも力になりますよ。」と言ってくれたのです!

嬉しいですね。

「ありがとうございます!頼りにしてます!」

在宅介護応援チームメンバーが一人増えました。