読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

糖尿病予備群のために・・・

父が病院でそう言われてきたらしく、改善のための食事を作ってほしいと言われまして。

書籍を購入、食のみならず全体的な糖尿病改善のための方法を検討しました。

 

まず、当事者である父は、当事者であるにも関わらずイマイチ後ろ向き。

恐らくは、友達の多くは糖尿病で、自分は予備軍であるという変な安心感があるのか。

更には、家系で糖尿病者がいないため自分は糖尿病にはならないという自信があるのか。

そして何より、食事制限は辛い、という先入観が大きいのかもしれない。

 

さて、そんな父ですから、色々ある糖尿病予防生活のコツの中から

確実に実行すべきことと、躊躇無く実行できることから始めて

これならできそう、というモチベーションを持ってもらわなければと思いました。

 

まずは確実に実行しなければならないことですが

食事管理です。

①トータルのエネルギーがオーバーしないように

②なるべくGI値の低い食品を使用する

つまり、素材と量ですね。

これはもう私が作るわけですから、私にかかっているわけです。

きっちりなんてしませんけど

おおよそヘルシー且つ満足できるメニューを作ることで

私自身もヘルシー食を食べられるし

そういう勉強にもなりますから

作る私のモチベーションは、それなり高いわけです。

③食べる速さ。1食につき30分

父は早いです。

だいたい10分から15分。

30分は遠いので、今日はまず20分を設定しました。

☆20分で食べたらチョコレートあげるよ。

なんと・・・15分を過ぎた頃、休憩に入りました。

暫くしてから残りを食べて、見事20分!

いやぁ反則のような気もするんだけど、まぁ最初だしいいか。

気持ちが大切だもんね。

ポリフェノール効果の高いビターチョコ2つを渡しました。

これは、おやつの時間に食べるねんで。

そう言うと、大切そうに自室に持っていきました。

今日はオマケでもうひとつの血糖値下げる方法を提供。

なんと、笑うことが血糖値上昇を抑制する効果が実験的に証明されているらしい。

テレビ見て笑って血糖値が下がるんだったら嬉しいよねー。

 

この、20分食事は、記録していこうと思っています。

結果を見て自分に賞賛できたらやる気アップですから。

そして今後の更なる試みも、小出しに実践していく所存です。

例えば、無理の無い運動が大切、という点では既にウォーキングを実施しています。

早朝30分。

これをせっかくなので

④正しいウォーキング法を身に付けてもらい

⑤緑の近くを歩いてもらう

更には、現在シャワー浴なのを

⑥ぬるめのお湯にゆったりつかってもらう

⑦毎晩の晩酌ビールは、4日に一度赤ワインにする

⑧テレビを見ているリラックスタイムにはツボ押しをする

⑨アロマで血行を良くする

 

さて、沢山あるように思えるかもしれませんが

結構簡単なんじゃないかな。

おやつを食べないわけではなく

ビールも飲める。

 

昔は制限ばかりの血糖値改善が主流だったようですが

最近は食後血糖値を抑えるように変わってきたらしいです。

しかもストレス無く。

この、ストレスも糖尿病の敵らしいので、ストレスフリーが重要なキーワード。

後ね、行ったことを記録するのが大切です。

何をしてどうなったという因果関係の確認にもなりますし

こんなに頑張ったっていうモチベーションにもなりますから。

更に、食事は味付けが薄くなりますから

素材本来の味が楽しめるという新たな発見と利点があるのですね。

やる前は、面倒とか辛いとか想像するかもしれませんが

無理の無いペースで実行すると楽しいもんです。

この、無理の無いっていうのがまたとても大事!

ちょっとでも無理すると

ダイエットと一緒でリバウンドしますから。

一生続けられると思うことをまず実行するのが賢明です。

期間限定は、期間中無理する分期間後大変なことになります。

健康は一生涯です。

楽しく健康になりましょう♪