プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

子どもの取り扱いについて2。

金曜日の出来事です。

隣に住む小学5年生の女の子と、いつも一緒の女の子。

二人でいつものように玄関前の通路にシートを敷いて遊んでいました。

「そこって何やってるん?」

「研究!」

「のぞきに行こうかなー」

「入ってもいいよ」

「手伝いたい!」

そんな会話から、二人は看板書きのお手伝いをしてくれました。

室内を見渡して、興味津々に見回って楽しそうでした。

なんと「光とともに・・・」を二人とも読んだことがあると!

なんと二人とも保育士になりたいと!

色々想像して、夢を語ってくれました。

子どもってすごいなーと、改めて感心して、5時に帰っていきました。

 

さて、今回も後になって気づくんです。

ん?これはもしや、保護者の承諾が必要だったんじゃないか!?

例えば外で一緒に遊ぶ分には問題無いだろうけど、PCPセンターとはいえ、室内に入れてはまずかったのではないか?

そんなことを考えると、ますますいけないことをしたように思えて・・・

もし私が男なら、これは明らかにまずいよね。

女だったら良いか?

一昔前ならよくある光景だったかもしれない。

でも犯罪多き現代。

さて、親御さんがどう思っただろうか。。。

謝罪の手紙を書くべきか・・・

直接謝罪訪問すべきか・・・

謝罪がかえって迷惑になることはないか・・・

この二日間、そんなことを考えながら・・・様子見。

土日を挟み、私の悩みもそっちのけで、子供たちは元気に訪問してきました。

なんともビックリなのは、二人ともお母さんに話して、快くOKしてくれたらしいのです。

一人のお母さんは隣だし、会ったこともあるから分かるけど、もう一人のお母さんは全く知らないんだよねー。

ホームページやユーチューブを見てくれたのかもしれないけど。

とりあえずは安堵。

だけど、やっぱり責任問題とかあるから、文書で通知と承諾はもらっておかないと、と思いました。

子どもの取り扱いについて、もっと真剣に考えておかなければ。