プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

これからを考える。

PCPセンターは、『自閉症スペクトラム障害』支援がメインです。

知的障害の有無に関わらず、手帳の有無に関わらず、空気が読めないとか社会性が無いとか、常識に欠けるとか言われてきた人、仲間集団や組織に馴染めない、他者と関わるのが苦手という人、自分の興味することにとことんこだわって集中していたい人。

私はそういう人が好きで、マイノリティーをそのまま世間に受け入れさせたいと思っています。

個性の尊重であり、自由主義であり、パーソンセンタードなのです。

 

人は、結局のところ自分で経験したことしか理解できていないし、それ以外のことは語れません。

どんな偉い人であっても、他者を知ることは出来ないし、理解していると言う人は単なる思い込みでしかありません。

私はそう考えています。

 

私の頭の中は、まだまだ混乱していて、これからそれを少しずつ整理していかなければならないわけですが、少なくとも色んなことを分かっていないということは分かっているので、勉強しようと出来ることは幸せかな、と思います。

 

私は、大東市自閉症スペクトラム先進都市にしたいと考えているわけですが、そういった目標の前に現実を調査する必要があるでしょう。

 

1、世界を見て、福祉先進国での現状はどうか。

2、日本においてはどうか。

3、どういう状態が理想か。

4、理想とする国の状況はどうか。

5、国内においての現状はどうか。

6、大東市の現状はどうか。

7、他の都市と比較して大東市はどうか。

8、統計データはどうか。

9、ここでやっと目標(パーソンセンタード)。

10、目標へ道筋(現状と比較して)。

11、持続可能性。

12、課題分析。

 

さて私はまだスタート地点でもじもじしている。

私一人で、今何をどうすべきかを考えて、考えている。

人が何かをする場合、思考と行動が交互に出現する。

必ずその両者が実行されなければならない。

私はマイペースなので、ゆっくりではあるが、この、次なる行動を行うための思考が今、私をめぐらせている。

この思考は、高モチベーション上でなければ良いものにならない。

高モチベーションを維持するためには、ポジティブでなけれなばならない。

ポジティブであるためには、ハッピーな状況に自分を置くことをしなければならない。

楽しいを感じると人はハッピーになり、風が吹けばおけ屋が儲かる原理でナイスな行動に繋がるのである。

 

私はとかくマイペースなので、周囲から忘れられることもしばしばあろう。

でも、忘れた頃に現れると思いだし、それを繰り返すと記憶に残りやすいという技で今、多くの人の脳裏に入り込もうという作戦、ひそかに実行中なのである。

なんて。