プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

私のいない風景

私が普段見ている風景には、ほとんど私はいない。 私の手や足や、そういう部分は良く見かけるのだが。 たまに鏡やガラスの前に立てば、私の全部が私の風景に加わることにもなるのだが。 だけど、ほとんどの毎日に、私は見えない。 私は、あなたと共に時間を…

余韻

1歳5ヶ月の姪っ子が、良くなついてかわいすぎる。 良く走り、良く遊び、良く食べ、良く遊ぶ。 その、姪っこのしぐさや笑顔を想像し続けていることに、分かれて半時間ほど経った今、気付く。 そう、私は彼女の余韻に浸って、しばしの幸福を継続させていたのだ…

過去の彼らは、どう思うだろうか。

もしもだよ、もしも自分が、社会的にスバラシイ功績を立てて、超有名人になったとする。 そんな自分が年老いて亡くなって、何百年か後のこと。 未来の時代作家が私を題材に小説を書くのだね。 もちろん、私を直接知る人はいない。 過去の文献資料を調べて、…

認知症の行動を、行動論は説明できるだろうか。

お風呂に入れるのも、入れられるのも、互いに慣れたもんで、手際良く、心地よく、後味も良い昨今。 祖母の場合は、体が動くから、介助しやすい方であろう。 よろついたり、起立姿勢に不安はあるものの、シャツにはうまいこと手を通す。 毎日、彼女と話す中、…

司馬遼太郎記念館

かれこれ、四度目になる。 長年の歴史嫌いをマニアに変えてくれた存在が、司馬遼太郎である。 私が彼と知り合うのは、遅かった。 彼が死んで、ずっと後のことであった。 だが、仕方がない。 若い頃に、もしくは出会っていたのかもしれないが、私の目に映らな…

甘酒

京都の酒蔵にて、運転手故の飲酒が出来ず、甘酒を注文いたしたところ、これが胃に優しく、心まで癒されたりて。 以前味わった甘酒と比較しゆるに、是旨きことと忘れがたき格別のひとときとあいなった。 以降、甘酒が恋しゅうなりにけり、来る日もその味と風…

ブログ書いた文字が表示されなくなっちゃった。ウイルス?

ためしに書いてみた。書いても表示されないよ。 コンピュータって、難しいな。

戦国の世に思いを馳せて

NHK大河では『真田丸』が乱世の一端を見せてくれています。 そんな昨今、私はどうも、関ヶ原の合戦から段々と周囲の人物、前後の年代の出来事に興味しています。 布なんか、どこへやら。 お花なんか、そっちのけ。 主だった歴史から始まって、周囲の細かい部…

六年目のクリスマスローズ

感動は、突然私の視界に舞い込んだ。 なんとも可愛らしい、はかなげな淡いローズの色。 皆、恥ずかしげに下を向いている。 はじめまして。 やっとのことで、この世界にやってまいりました。 私たち、慣れないもので、どうも恐縮してしまいますが、これから毎…

フィクションですが。

エーオは、学生時代のの親友ビーオに、久しぶりに連絡してみようと思ったのだ。 ずっと不調だった体調も回復し、仕事も調子が乗ってきた。 何より最近、彼女ができたものだから、気分が良いのである。 ずっと会っていないビーオに連絡して、飲んで語り合いた…

ケアプランは何のため?

ケアマネさんに来てもらいましたよ。 契約を交わしたのだけれど、結局のところ、住宅改修のみの依頼となりました。 ・・・で、ケアプランは?と問うと、サービスを申し込まなければ立てられないんだって!? え!?そうなんですか?? 私にとっては、今回そ…

状況に応じて・・・

貪欲に毎日、朝起きてから夜寝るまで、100分de名著を見まくっています。 一部終わっても、またすぐ始まる嬉しさったら。 楽しくて仕方ありません。 さてこの番組は、哲学系が多いのですが、様々な人が色々なことを言っていて、そのそれぞれに感心したり、そ…

ばーばらの階段、私の階段。

人は、生まれてから段々と老いが始まる。 勿論成長期は、老いとは言わないが、毎日、一分、一秒ごとに必ず老化していることは間違いない。 その、終盤に差し掛かり、ある時、これまでやっていたことが出来なくなることがある。 そして、時に復活したり、衰退…

思考は飛躍するばかりなり。

具体的行動を確認しておき、それをただただやっつけ仕事よろしく実行することにより、事は万事、予定通りに進む。 さて、多くを語らず、意見もせず、必要事項のみを提示した結果、意見一致にてケアマネとの話し合いの場を約束するまでこぎつけた段階である。…

勝負前夜

どうも昔より、人一倍あがり症と言いますか、所謂緊張の傾向が強い方でして。 今日もまた、肩に力が入っています。 緊張は拭えません。 単なる家族会議に、何故にこんなに緊張せねばならぬのか。 まさか歴史の節目の大事件前夜でもあるまいし。 秋山眞之など…

母と娘

NHKの『100分で名著』にはまってから、オンデマンドの見放題パックに申し込み、以降幸福な大人視聴にふけっている。 今日はたまたま、太宰治の『斜陽』を見てみたならば、母と娘の関係についてがクローズアップされており、先日の叔母を思い出した。 祖母の…

NOAHくんの復活

およそ2カ月ぶりに車の修理屋を呼んだ。 こじんまりと夫婦で営む、馴染みの修理屋で、従業員のお兄さんと三人で経営していた。 朝会社に電話すると、奥さんが出たので、バッテリーあがりの件お願いした。 昼から親類の家へ向かう用事があったための依頼であ…

父の返答

祖母のことについて、専門機関の支援の必要性を感じた私は、不仲の父にメモ書きを残した。 介護保険制度行使の必要性を感じている旨と、そのことについて、父の妹である叔母に相談してほしいということを記載した。 その返答が本日、同じメモ書きにあり、封…

自分とは離れたところで幸福でいてくれと人は思うのか。

夜が寂しいと、祖母は言う。 寝られへんと、祖母は言う。 年をとるということは、孤独が増える。 寂しさ、つまり負の感情に支配される。 それは、幸福でないということ。 私は祖母を笑わせたい。 少しでも、小さな幸福を味あわせたい。 だが・・・ 私は常に…

当面、認知症ばーばらの介護日記になりそうな予感~

昨日の幸福とは打って変わって、今日はまたもやノルアドレナリン大放出。 せっかく大きなプラズマクラスターの加湿器置いたのに、乾燥に追いつかない。 パワー強にしても湿度45%までしかいかない。 四六時中エアコンにはかなわない。 どうやら、もう一台必要…

ばーばらのお風呂

昨日のイライラが嘘のように、心地よい幸福で満たされる私の脳。 心配をよそに、何事もうまくいった月曜日。 ばーばらは、いつになく朝から機嫌が良く元気だった。 ひ孫が来るのを楽しみにして早くから起きたようである。 私は、湿度35%に加湿器を設置した。…

イライラして眠れない。

どうもノルアドレナリンがブシャーって出すぎている感じ。 いくら頑張って『無』を意識しても、いつの間にか気になることが頭に回る。 何度も何度も回るもんだから、ええい、起きてやれ!と思って今に至る。 眠気を誘うCDを準備しつつ、漢方薬を準備しつつ。…

ロマンスがありあまりすぎる

スキャンダルでテレビが盛り上がっている日本は平和ですね。 だけど、恋愛は時に生命をも破壊するパワーを秘めているから、ばかにできません。 人には好き嫌いがあるもんだからね、何があっても養護したがる人もいれば罵倒する人もいて当然。 私はその好き嫌…

急須の神様

それは、祖母のやるのをそっくり真似て、私は紐を持ち出してきた。 紐は何でも良い。祖母はビニールの梱包用紐を切っていた。 私は、赴きのある細いエンジの数珠紐を、十数センチ程切って、急須の口に括りつけた。 「お願いします。」 特に作法は無く、一度…

飛び地の処理法

髪を乾かしながら、ふいに想起した過去の話。 アスペ当事者の講演を聞きに行ったことがあるんです。 その方は中年主婦なんですけど、社会人を経験してから大学院で博士とったらしいんですね。 何の研究だかは記憶しませんが、データを取ったらしいんです。 …

漱石、百回忌

ふいに『こころ』なんぞを読んでみて 暫くしたらテレビで『ぼっちゃん』がやってたので観た。 そうだと思って『ぼっちゃん』を読んでいる最中に 今朝、松山の旅が特集されていた。 あらまぁと思っていたら晩に友人からラインが来た。 漱石は、世間の柵を川の…

体感温度の不思議の世界

今朝はびっくらぽんでしたね。 洗面所の寒暖計が5度なんだもん。 うっそだーと思って部屋の寒暖計を見たら、やっぱり5度。 確かに1枚多くブランケットを被ってはいるが 確かに朝寝坊したが 確かに室温は5度らしかったのだ。 その証拠に、外気温は更に低いと…

樹木葬

終活がブームの時代。 テレビの特集に私も注目。 素直に、わたしもこれがいいーなんて共感したのは、私が独身で、子どももいなくて、今後も結婚する予定も無ければ子どもを作る予定も養子をもらう予定も無いからに相違ない。 人は、いつ死ぬか分からないから…

暖房無しでも朝温かく布団から出られる方法!

『ピンチはチャンス』 最近のマイブームワード。 ピンチの時こそ考える。 そしてアイデアが生まれる。 極度の寒がりだった私は、去年まではオイルヒーターのタイマーをセットして朝部屋を暖かくしていました。 そうでないと、なかなか布団から出られずに、ど…

軽井沢のバス事故が気になる。

連日報道のせいもあってか、気になる。 事故についてひとり、ついつい考えてしまうんです。 だって、私も車が好きで、以前はよく遠出もしたもの。 なんと過去には、長距離トラックに乗っていたりもする。 トラックと言っても私は普通免許だから4トンなんだけ…

胃で咀嚼

世間が悲惨なニュースに渦巻く中 また、急の悪天に翻弄する中 私は一人、小さな幸福を噛みしめていた。 小さな幸福ではあるが、生きることの重要な機能という側面から考えると 決して小さいとは言えないかもしれない。 外は陽が眩しいのに突風の音がけたたま…

189

つい先日、テレビの情報で、この番号を知った。 虐待事件に関する報道番組の中で、紹介された。 『イチハヤク』と覚えるらしい。 私はこれを、メモした。 夏以降、子どもの泣き声はとんと聞かない。 もしくは、泣いているのかもしれないが聞こえていない。 …

サヨナラプラチナ

出会いがあれば別れがある。 永遠などというものは、この世に存在しない。 出会いはふいに、そして別れもまた、突然おとずれる。 23年間、いつでもどこでも肌身離れず、いつでも一緒だった。 私の青春も、涙も幸福も、一時も離れることなく過ごしてきた。 い…

感謝の前提条件には満足があり、両者は比例するという主張。

よし、タイトルから大きく出てみた。 感謝とはちょくちょく耳にするが、人間の感情の一種であると私は位置づけている。 私はその感謝の感情を、あまり感じない種類の人間だと比較無く勝手に思っていた。 ところがある日、私の心に明確に感謝の感情がわき起こ…

住宅街の細い道を歩いていた。 細いと言っても、車は通るくらいある。 あるとき私は右側を壁にして四差路を右折しようとしていた。 見通しは幾分良い。 故に、左方向から来る乗用車に容易に気付いた。 四差路に侵入してくるその乗用車のウインカーは点かない…

真山仁に共感~

昨日の新聞、一面を使っての広告欄に、真山仁さんが色々語っておられました。 『ハゲタカ』の著者で、大阪出身の作家。 ・・・と書いてみたものの、私は知らなかった。 『ハゲタカ』はドラマにもなっていたようだが・・・知らない。 知らないけど・・・ 『小…

鼻低眼鏡

先日PCグラスを買ったメガネ屋さんに行きました。 目的は、UVカットメガネ。 更には、鼻当てのオーダーメイドの可否の確認に。 日本人はおおよそ鼻が低いとは思うのですが 何を隠そうどうやら私はその中でも特に低い部類らしく 既製品のメガネがフィット…

ソフトバンクの料金が私に厳しい件

寝る前に充電満タンにしたスマホが朝充電切れになっていて、目覚ましが鳴らずに寝坊した。 以前は充電切れでも目覚ましは鳴らしてくれていた私のスマホ。 それ以前に寝てる間に充電切れするなんて。 ほんの6時間ほどしかもたなかったことになるね。 更には…

メガネ女子誕生

数日前から急に目が痛くなって・・・ 特に右目は、まつげが入ったか傷が付いているような感じがしていました。 普通に目を開けているのも辛く、外では陽の光が眩しく、風すら痛い。 逆まつげかと思い、それらしきまつげを抜いてみたりもしたけどやっぱ痛い。…

私はネグレスト?

父がゴルフの日、私は実家で夕方まで過ごす。 何故ならば、軽い認知症の祖母が一人きりになってしまうからである。 最近は何だか暖かいのだけど、祖母は寒い寒いと言う。 私はエアコンを点け、ヒーターも点ける。 祖母の寝室は、常にエアコンが30度設定でが…

ニギハヤヒノミコト

初詣に石切さんに行くことになりまして。 そうそ、例年遅いんです。 今年はまだ早い方。 それで、予習と思いまして、祀られている神二人、ニギハヤヒノミコトとその娘ウマシマデノミコトについて調べてみました。 何分理解の鈍い私の頭が、ちゃんと記憶すべ…

例えば買い物行動に伴う満足の種類を分類してみたりした。

今、セーターの毛玉取りに夢中なんですけど、でも今日は上記の内容を書こうとお風呂で決めたもんだから、時間が経過して気分が変化しても一応書き進めてみようと思った次第。 浅~~いお話しですよ。 物を購入する行動というものについて、人それぞれ、また…

祖父の帰省

毎年、正月二日に親類が集う風習が、我が家にはある。 一昨年生まれたベビーも去年一歳の誕生日を迎え そうした集いに参加出来る人数が増えた。 知る限りでは過去最多ではなかろうか、子どもも含めて総勢14名が集結した。 これは賑やかである。 恒例のすき焼…

私は私の人生を作るために今生きているんだ。

それは、決して輝かしくはないかもしれない。 それは、決して幸福ではないかもしれない。 私は、自分が何かを成し遂げてスターになる自信は無い。 かといって、平凡だけれども温かい家庭を築いて暮らしていく自信も無い。 自分に自信の持てない人が、何を思…

紅白が始まった~

くりぼっちだった私はみそぼっちの明けぼっち。 昼間は実家だから、真のぼっちではないかもしれない。 さて今日は、紅白を見てみようと思った。 出場者表を印刷してチェックまでしちゃった。 勿論ワインとチーズと一緒に。 一年を振り返ったりはしない。 ネ…

思考との出会いで感動を覚えたこと。

たまに新聞でも見てみるもんですね。 好きなんですけど、私はとっていないので実家でそれを、たまに閲覧するわけですが 普段時間的に気持ち的にゆとりの無い私は、それをあまり行動しなかった。 今日はたまたまである。 私は、私のこれまでの経験や知識に不…

まばたきと胃袋

四時をまわったので、アルコールが入る。 確か、美濃焼だったかな、白の釉薬のちょこ。 これがプー子の日常だと言ったら反感をもたれるだろう。 だから言わない。 でも、うまいね。 寒い日は燗もいいね。 そんな私はどうやら胃が良くない。 先程も、漢方を飲…

時々、断捨離。

今日はとても寒い、らしい。 私にはよく分からない。 寒さに慣れてから、その度合いがよく判別できないでいる。 が、まぁ良い。 寒いと思えば着れば良い。 温かい飲み物を飲めば良い。 困るのが、指先。 冷たい手を時折揉みながら、キーボードを打つ。 年末…

クリスマスプレゼント

三月に一度の通院日。 朝から気分は疲れていた。 通院だからではなく、祖母とのやりとりによって。 いつも車で病院に向かう私は、今日は徒歩である。 愛車NOAHくんは、例の如くバッテリーを上がらせたままである。 申し訳ないが、腹をへらかさせたままなので…

SEKAI NO OWARI かっこよすぎるだろう!!

いつもの赤ワインとゴーダチーズ。 だけどいつもと違うところが・・・ なんと今、音楽が流れているよ、PCから。 首を上下にリズム取ってご機嫌な私。 終わっては繰り返しして聞いているのは「anti-hero」 あらら今度は肩を左右に揺らしだした私。 どうなっ…