プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

性質

立ち上がりがあまりに遅いものだから 何書こうか忘れちゃったじゃん。 あ、想い出した。 性質。 何で福祉に興味するかと。 そこにこうどうするのかと。 体験から感ずる理不尽をそのままにしておけないからだと思う。 日常の、弱者が被る理不尽を見たり聞いた…

お疲れモード

丑三つ時に目が覚めた。 怖い夢を見て 汗かいて そしてお腹が空きすぎて そこから眠れないもんだから ごはん食べたよ。 じゃこめしと、アップルパイと、チョコミントアイス お腹が満足して 不安感も消えて 漸く寝つけたのだけれど そうなるとやっぱり寝坊す…

機微を感ずる

本音と建前。 あぁいやだね。 優しい建前の奥に 小馬鹿にした本音が見える。 でもそうやってその時に考え感じることも 彼等にとってはその時だけのこと。 結局のところ無関係のこと。 普段は考えもしないこと。 だから、気にするなんて甚だばかげている。 で…

わくわくの準備

一日長いようで 一日あっという間 一日で出来ることはほんのわずか だから大切な一日なんだけど なかなか気分が乗らないときは 気分を乗せていかなきゃ何もできないわけで そういうときはこうやって書いて書いて気持ちを前に進めるの。 ただ単に時間があれば…

脳味噌がちょっと、窮屈になっている。

こういう時は書くに限る。 何を望んでいるのか。 何が足りないのか。 何がうらめしいのか。 誰に会いたいのか。 何を求めているのか。 私は一体、何を見ているのか。 少し、新呼吸してみる。 何か、不満があるのかな。 自分に問いかける。 優しくね。 泣きた…

価値観なんぞ語ってみる

今日は機嫌がいいぞ私はマキプ→ 人は 生まれて 生きて 死ぬ ただそれだけ。 人生に意味なんかないし 何かを見つけなければならないわけでもないし 何かやらなきゃならないことが決まっているわけでもない。 だからこそ 自分の人生を面白くつくりあげる。 自…

切腹妄想

どうやらストレスフルのようです。 切腹妄想が絶えません。 そういえば、以前もこんなことがありました。 手が勝手に食品やら何やらを投げつけて散らかしました。 自分が大切にしているものも捨てまくりました。 そのことを話すと……何て言われたっけ…… 自分…

遅々として進まないからこそ時間が必要

私に無いもの。 自力経済基盤。 そこを確固にせねば何も始まらない。 自信を持って行動できない。 自信を持てる自分になるために 皆が遊んでいる今 根を詰めて頑張らねばならない。 夢に向かって楽しんでなんて風にはいかない。 全然いかない。 頭抱えること…

私の心の救いの場所、それがプーブロや。

あきまへん。 何やら変な脳内物質に支配されて 立ち直りたくっても落ち込んでいく。 つい、泣きたくなってしまう。 色んな物事を全てかき消して やるべきことに没頭して逃げようと思って 机に向かってみるも頭が働かない。 いらないことばっかり考えようとす…

父の、言うことやること全部嫌いや。

昼食に、冷やし中華とお寿司とカラアゲを用意した。 それを見た父が第一声 「これは夜にまわしたらいいやん」 お寿司とカラアゲについてである。 次に冷やし中華を指差して 「これだけでも食べられへんのに」 久々に食卓を一緒にしようとしたらこの始末や。 …

他者を攻撃しちゃう人は弱っているんだと思う

自分の経験から。 イライラがやんでくれないとき 私はイライラの原因を他者に求めたがる。 あんなこと言われたから自分が落ちこんでしまった。 イライラがおさまらないて風に。 そういうとき、私は笑顔になれない。 優しく関われない。 ポジティブな発想がで…

私は、本物になれるだろうか

私が安いのは自分に自信がないから。 「あんたの話ではお金とられへんわ」 ひどいこと言われて真に受けてへこんだというのは本当ではあるが そんな言葉気にしなければ良いことなんだけど 気になってしまうのはやはり 自分で自信が持てないから。 だから、そ…

他者に認められていないと感じるとき私は歴史に助けを求める

人が社会で生きていく上で他者との関わりが重要だと認識する。 そしてそこに「認める」という何とも不可解な条件も必要であるらしい。 私はそれを体験的に感じている。 人は人。 自分は自分。 もちろんそうだ。 そして他者の言うことなんかより自分がどう思…

吐露。

結局のところ「本人主体」とは何かということを考えあぐねていたのだ まず、専門職をいきって「これが正しい」と豪語するやつが嫌いだ。 それはまさしくそいつにとっての本人主体でしかないからだ。 例えば認知症で歩くのもおぼつかないおばあさんの介護につ…

そっか、マキプ→がとんがりきれない理由がわかった。

本当はもっとガツンと言いたいんだと思う。 でも言えないのは批判が怖いから。 批判なんか気にするなってのは表面的な話であって 気にするなと思っても気になって落ち込むのが現実。 へこんだ自分を整えてまた持ち上げるのには ひとかたならないエネルギーと…

世の中には色んなことを言う人がいるから。

様々な人に何かしらを相談すると 色んな意見が聞けますが それら全てが正しいとは考えられない。 それらは相反する意見もあるし 自分には向かない意見もあるだろうし。 述べる人にとっての正しいと思うことを話してもらうわけであり その述べられた意見を自…

その友人について記載しておこう

彼女は常に私が落ち込むきっかけをつくる。 およそ攻撃的な言葉を浴びせる。 彼女は私が彼女の言葉によって傷付くことを知っている。 知っていて、敢えて攻撃する。 私がもし、全然傷付かないならば攻撃的に言葉を浴びせかけることはしないだろう。 なにせ傷…

必要なのは、温かい励ましではなく共感でもなければ傾聴でもない。

全ての外部との距離。 これが今の私に必要なもの。 関わって許されるのは認知症と子どもと自閉っ子。 私について関与しない人。 私についてなんとかしてやろうと上から目線で見ない人。 支援者お断り。 援助者お断り。 今の私に必要なもの、それは一人の空間…

何かのせいにしたいらしい

去年食材を投げたのはいつだったろうと思って検索してみると 3/19でした。 春のせいにしたかったんだけど 検索の途中で結構頻繁に落ちてることに気付いてびっくり。 あれ、私そんなにしょっちゅう弱るんだ。 何だか珍しく1年ぶりとお思ってみたんだけれども …

考えるんだマキプ→

考えろ。考えろ。 課題が困難なほど考える価値が高まる。 行き当たったら自分の得意の部分で考えろ。 人に相談なんてしなくてもいい。 どうせ同じこと言うだけだ。 それ以上のこと言われても受け止めるのは自分の脳だ。 それならば断然本を読め。 こちらも同…

泣くのはまだまだまーだ早い。早すぎる。

友達が今日癌告知されたって電話してきた。 若い。 42歳。 胃癌。 私は楽天的だった。 だって、まだまだ生きるでしょ。 まだ話についていけないんだね。 本人も明るく電話してきてくれた。 笑ってほしいからマキに電話したって言ってくれた。 冗談も言って。…

あのね、いい気分を頭の奥で想像できている今。

ウイスキーセミナーの余韻でウイスキーにはまる。 家にあったウイスキーは何だか薬っぽいけれど、甘味をあてにすると美味しくなった。 43度のお酒がストレートですすむね。 BGMに昔のTLCなんか聞いてたらね、何故だか夢見心地みたいでね、私の求める夢を想像…

私は夢の中を生きていたいみたい

その夢とは自分の想像にすぎないのだけれど かなり昔から、およそ幼少期より夢の中を生きていた気がする。 現実に魅力をあまり感じられないというのは本当のことだろうとは思う。 その夢というのはビジョンがあるわけではなくって、およそ曖昧なもの。 感覚…

イベントの日に寂しく感じる理由について

クリスマスもそうだったけど、大晦日の今日も何だか寂しさを感じてしまう。 およそ理由は一人だからに他ならないのだけれど。 それでも一人の日なんていくらでもあるはずなのに。 こういう日に特に寂しさを感じてしまうのは…… 多くの人は家族や友人、恋人と…

充実って何だろう。

ふいに、そんなことを考えてしまって即座にある答えは昔から思うことなんだけどやっぱり誰かと一緒に居るということが少なからず充実を補充するように感じる。 ただ、誰かというのは愛する人であったり気の合う仲間であったり自分にとってポジティブな存在で…

安定は難しい。

なかなかどうして思考の波は無用な事柄に捉われて離れ難し。 故に書かなくっちゃならない。 私にはそれ以外の方法はない。 誰かと一緒に居ると人は安心するのは何故だろうか。 安心して油断して成すべきことまで忘れがちになる。 私は私。 そこを見失うので…

思考の転換

たいしたもんで、その時強烈に意識することに引きずられて思考の転換は起こる。 虚しさなんてどこへやら。 私はこうして人を忘れていくのかもしれない。 誰でも自分がいちばん大切なんだ。 いや大切かどうかということは分からなくとも 自分の意識、感情に、…

喪失から一段落までの論理

まだ解消されない朝。 いわてのそれを想起してヒントを得ようと試みる自分がいる。 ひとつ見えたものは、自分の中に取り込むこと。 神として愛し、崇拝する。 毎朝想起して学ばせていただく。 それが叶わぬ日も平気になる。 私には私のすべき行動が沢山あっ…

少し離れて

頭が勝手に考えている内に 何故だか急に全体像が見えてきた。 もちろん思い込みの激しい私の勝手な妄想なのだけれど 行動観察が基盤だからおよそ正しいんじゃないかと考えてしまう。 まぁ正しいかどうかというよりも、私がそう考えたことによって私自身が幾…

虚しさ

朝起きたとき、虚しいという感情がまとわりついているときがある。 寂しさかもしれなしし、わびしさかもしれない。 ここ数日それが明確にあって、ちょっと切ない。 何故かはおよそ明確ではあるのだけれど それがこんなに虚しさを感じる事象なのかと、そう思…