プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

幼い頃の思考について

「宇宙のずっと先の壁面を突き破ると太った人のおなかが破られる」

そのように考えて発言したことを弟も覚えてくれている。

つまり、人=宇宙

小学生の頃だった。

何故幼い私はそんなことを考えたのか今でも見当つかないのですが。

もうひとつ

「今いる現実は実は作られたもので、天上で神の子がおままごとしている」

私たちはそのコマなんだよね。

そんなことを考えたのはもうちょっと後だったように思うけどそれでも学生の頃だったかな。

 

今手元に哲学辞典があってね

見ていると似たようなこと考える昔の偉人がいるんだね。

私が偉人と同じだというのではなくて

誰しもに、DNAに組み込まれている共通性思考なんてのがあるんじゃないかって思うんだよね。

ユングが東洋のマンダラを発見してそのように感じたように。

 

だって大昔とはいえ、宇宙の歴史からしたらついこの間。

同じ人間。

不思議ではないよね。

そう思うと面白い。

だってみんな繋がってるんだもん。

 

哲学は面白い。

あらゆる分野についての謎について過去の人間が想像をめぐらせて

今もなお解き明かされない不思議の世界で生活しているんだもんね。

きっと、まだまだだよ。

考えて、考えて、発見して

そしたらまた謎が増えて、知らないことはどんどん増えていく。

その繰り返しで文化や歴史が重ねられる。

人類が滅びるまで続けられる。

その行為に意味なんてあるのか。

そんなものないと私は思う。

だけど面白い。

それだけで充分ではないか。

メンタルを微調整して整える

常に心掛ける必要があります。

浮かれている場合でもないし。

落ち込む必要もない。

常に良い調子でありたいのだけれども

思い通りにはいかないものだから

そんな時でも大丈夫な自分に持って行けるようにしておくことが大事。

 

幸福は続かない。

不幸も然り。

 

安定って難しい。

色んな環境にさらされながら

色んな感情に変化してしまうから。

だけど変化がなくっちゃつまらないのも事実。

心の変化も同じ。

ただ、あまりに辛いのとか

切ないのとか

苦しいのはごめんです。

 

幸福を感じるための対局の辛さはある程度必要なんだろうけれど

どうにかあまりに落ち込んで前に進めないというのは困るものだから

対応策を予め準備しておくことも必要なんだよね。

 

どうやって?

どの程度?

 

およそ彼を超える人は現れないだろうなということを書く。

元彼の話。

私にとって、望ましい人だった。

まず知的だった。

何を聞いても答えてくれた。

知らないことでも答えてくれた。

論理的な人だったから、話していて楽しかった。

何かについて議論するのをお互い好んだ。

その時間がずっと続けばいいと思った。

がしかし、彼の頭には切り替えスイッチが内臓されており、時間がくるとスイッチが切り替わり、次の行動に移る人だった。

そんな時私の感情はおいてきぼりになって、議論への希少価値が高まった。

 

知的であり、精神的にも金銭的にも余裕があり、何より私への対応に優れていた。

私の精神状態に対する対応が好ましかった。

ただ、それが逆に良くなかったと思えるのは別れておよそ2年経過した今だから言えることなのかもしれない。

 

私は彼に依存していた。

そして私の最も望むことが叶わないでいた。

つまり、私は私自身の力で何か社会に良いことをして収入を得たいという望みがあり、与えられるばかりでいる自分を否定的に感じていたのである。

自己実現は甘い環境では叶わない。

そして私のその時に対応していた彼には叶えることが出来なかった。

 

私は彼に別れを告げた。

その時彼は、私にとって好ましい余裕のある彼ではなくなった。

精神的に揺らいだ。

私に依存してもらうことが彼を彼たらしめていたように思う。

頼りがいのある彼は、私が作っていたのかもしれない。

共依存の関係だったのかな。

 

私は彼と別れて良かったと思っている。

それは別れてからずっと変わらない。

誰かに強く依存しなくて済むからだ。

辛いときも、しんどいときも、悲しいときも、切ないときも、自分で乗り越える。

自分の力で乗り越える。

そうして私は次の道へ進める自分となっていく。

 

状況はかなり変化した。

色んな人に出会った。

好きな人もできた。

だけど、彼以上の人には今のところ出会わない。

彼ほどの関係になっていないから知らないだけかもしれないが。

 

彼が私にとって素晴らしい人であったからこそ、私は彼と離れて良かったと思える。

私の中に残してくれたものは多い。

知識であったり、思い出であったり。

ただ、彼と離れてから私は私を好きになれた。

矛盾するようでもあるが。

今は非常に満足している。

 

彼がその後どうしているのかは知らない。

知りたいとも、知ってほしいとも思わないが。

今素直に「ありがとう」と言いたい。

色んな経緯があって、今の自分があるから。

今の自分に満足しているわけではないが、進んでいけているとは思うから。

一方的なアドバイスをしたがる人の役割について

起業やら活動やらについて話すと、必ずと言っていい程アドバイスをしたがる人がいる。

意見とへりくだってみる見解をしめす人もいるが同じ。

上から、一般的な、よくあることを述べる。

正しいことのようで、親切であるかのようで、およそ本人のためになることはない。

嫌な雰囲気をつくるだけ。

正直私は嫌い。

だから自分のこと話さないけど、聞かれたら話す。

そしてアドバイスする人に対しては抵抗せずに頷いて時が過ぎるのを待つ。

そうしたアドバイスが有難いという態度はとるが、そうした見方はしない。

およそアドバイスする本人が、言いたいこと言って優越に浸りたいのだと思うから。

本人のためを思うならば、本人に適した働きかけを模索するところから始めるべきだもん、とこれまで思っていた。

なにせ福祉思考で生きてきたからね。

アセスメント大事。

支援者は本人の行動を促進させる関わりをする。

 

ただ今日ふと思ったのはね、これが起業となった場合非常にまずいぞと気付いた。

支援によって動かされるようでは支援が途絶えた際に行動出来ない、つまり倒産してしまうのだ。

そう考えた場合、最初に述べたアドバイス的オーディエンスは本人が乗り越えるための障壁なんではなかろうか。

アドバイスが意にそぐわないからといって言い返すなんてのはもっての外だけど、ふむふむ聞いて、それを自分なりに受け止めて、自分の道を進んで行ける人でなければ起業なんて難しいぞ。

 

言われた通りにする人間もダメだけどね、何事も自分の糧にできて、尚且つ自分のやり方で貫ける人が先へ進んでいけるんだろうな。

Soft Bankから格安スマホJ:COM MOBILEへ乗り換えの記録

なかなかややこしい事の顛末を記録しておこうと思ったのは、どうも無知の不利をいいように扱われている感否めないからだ。

本当にこうしたネットやらITの分野って難しい。

そうした難しい分野の多い現代に生きるに当たって信頼が重要になってくるし、つまりは人脈こそ生き抜く術のようにも思われる。

 

さて、あまり活用しきれていないスマホに月1万以上かけているのは誰が聞いても馬鹿らしい。

だけど、分からないことにはなかなか踏み出せない。

でもそんなこと言ってらんないと思って調べた中でJ:COMを選んだのはネットがJ:COMだったから。

更にはSoft BankのXPERIAからの乗り換えでそのままの端末でsimだけ入れ替えて使用できそうになかったものだから、スマホセットで割引があるJ:COMにした次第。

 

それで1年間は月々2000円くらいになるんだからいいよね。

1年超えても3000円くらい。

まずはSoft Bankの更新月を調べた。

2年経過後の2ヶ月間。

この時期だと契約解除料9000円くらいが発生しないから。

でも、それを調べるに当たって、HPに記載された書類の文言は誤解しやすい文章になっているので、よく読まないと混乱する。

分かりやすく記載してくれていないのは敢えてなんでしょうか?

なんか、いやらしいです。

でもって、番号そのまま乗り換えるためのMNPナンバーを取得するために電話。

電話に出られたオペレーターのお姉さん堀田さんは親切でした。

まぁ、サービス業としては普通なのかも。

 

月の途中で変更されても日割り計算はしないので月末の方がお得だと教えてくれたのだけれど、もうややこいので結構ですと、月初めに依頼した。

これは功を奏するのは後述。

この手続きに3240円必要だと。

これが変更先でも必要になるのだと。

変更先J:COMの手続き費用は結局4000円だったのだけど。

まぁ仕方ないね。

そしてJ:COMをネットで契約。

ついでに機種対応のカバーを樂天で発注。

両者無事到着したはいいが、ここからが問題。

 

さて、どうすれば良いのかが、同封のどの資料を見ても分からない。

仕方なくかけたカスタマーセンターのお姉さんの対応が、非常にまずい。

Soft Bankからのスマホ乗り換えで昨日端末が届いた旨を伝えて、これはどうすれば使用できるのかを問うた。

J「初期設定していただく必要がございます。」

私「その初期設定とは、どうすれば良いのですか?」

J「えーと、訪問サポートがお伺いすることも可能です。」

私「え、自分で出来るものではないのですか?訪問サポートではない方法は?」

J「説明をご覧いただきながら一緒にすすめていくことになりますが。」

私「説明書が入ってるんですか?」

J「同封されてございます。」

私「それは、えーと、見つけられないんですけど……初期設定と書いてあるんですか?」

J「初期設定の。。。。と書いてございます。」

私「え……それは、どのくらいの紙ですか?冊子ですか?」

J「端末と一緒に入っていると思いますが……」

私「端末と……小さい冊子になったやつですか?」

J「え……。」

私「……あの、訪問サポートをお願いします。」

 

まぁそんな流れでそういうくだりになった。

何がまずいって、とても機械的な対応だったのが、非常に残念でした。

質問に対する回答のみではなく、私が何に困っているのかを察知して温かい雰囲気の話し方で提案していただきたいというのは望みすぎなんでしょうが。

 

さて、そんなわけで訪問サポート待ちの今。

これまでにひとつ分かったことは、初期設定とはAPN設定とアプリや電話帳の移動ということらしい。

そのAPN設定をするに当たって、どうやら私のスマホセットAプランとやらはカスタマーセンターへの問い合わせが必要らしい。

つまり、私のとった行為は正しかったんじゃん?

でもって、カスタマーセンターに問い合わせた結果が上記なら納得いかないな。

若しくは、結局のところ訪問サポートは必要なんだろうか?

よくわからん。

 

とにかく、もうカスタマーセンターに電話したくないという心境になってしまっている。

ロボット対応は名乗らなかった彼女だけかもしれないけれど。

それでも嫌気がさしちゃったわ。

この先思いやられるけど、めげてらんない。

とにかく今は、訪問サポートが良い人であるように祈ろう。

まだ暫くは、暗中模索。

不安。

未知の未来への不安。

想像出来ないことには踏み込めない。

失敗は怖い。

厳密には、失敗したときの落ち込みが怖い。

私は落ち込む。

確実に。

なかなか浮上できない性質を経験的に知っているら。

 

具体的な行動は、足元を固めることを考えねば。

今出来ること。

計画。

収益性のある計画。

煮詰まってきたら、掃除すればいい。

掃除してて、こんなことしててええんやろかって思ったら計画考える。

 

何か事業を起こす際に、誰がするかということが大事だと私は思っている。

なので一般的なアドバイスはおおよそ不要。

他者に相談なんて、概ね落ち込むだけということをこれまでに学んだ。

だって、私のやる気を引き出してくれるアドバイスなんてほとんど無いんだもの。

それ以前に相談自体私は苦手。

人の話、聞きたくない。

私のことについてとやかく言われたくない。

ただ聞かせるくらいならしてあげてもいいけど、そこに提案は不要。

ふぅーんて興味なさげに聞き流してくれ。

相談者のやる気を引き出せる人こそ相談役になれる人材。

だから、誰でも意見を述べてくれるなと思う。

思うが、述べたがる人は多い。

そういう時は聞き流すのみ。

はよ終われと思いながら。

 

さて、それはいい。

とにかく色んなことが周囲で起きる。

それを、いかにさばきながら、自己を保ち、睡眠時間も確保しつつ、やるべきことを実行するか。

とりわけ、自己を保つことが最も困難。

なんかもっと、気持ちを上げたいのだけれども、難しいんだなぁ。

 

たばことお酒に頼ってしまう。

何かのせい、そういう時期だとか、無関係なもののせいにしたくなる。

意味無いね。

ほんと、意味無い。

救われたい。

だから、神をつくるんだね。

時間をつくろう、書くための。

自分にとって大切なことだし。

他の人にとっても、必要だと思う人はいると思うから。

 

何だか今日は(今日も?)支離滅裂。。。

自然

今日ふと思った。

最近自然を見ていない。

我が町の夜景とか。

静かな夜の海とか。

 

車を手放してから

視点が低くなってしまっているみたい。

 

遠出をしなくなったし。

気ばかり焦っているし。

 

昔は……

よく峠登って夜景を眺めたし。

港でまったりもした。

そういや最近とんとないな。

 

久しく行ってみるかと思っても……

父の車はもっぱら足。

愛車の空間を楽しむ余裕に欠ける。

 

酒もいいが……

お肉もいいが……

美しい夜景を見たかったのかもしんないね。

合理的よりも

美しい物を共感したいんだよね。

感動を分かち合いたいんだよね。

 

もちろん感動はひ人それぞれだけれど。

同じ感動を共有できたら嬉しいよきっと。