プーブロ

日々の出来事から考えたことや、ふと思いついたこと、主に、そうした頭の中の出来事が吐露されることと思います。アウトプットの場ですね。

生きるとは、したたかな行為。

昔、ノルウェイの森を見た時に

直子が死んだあと

苦しむけれど

結局緑と付き合えてしまうワタナベに

何だかすごくインパクトを覚えて

でもこれが生命力なんだとも感じられて

妙にリアルで生々しくて

引き込まれたものでした。

そこにすがらなければ余計に辛いという現実もあるのでしょう。

それを思うとまた緑の気持ちも複雑だわ。

だけどそういったタイミングで人は生きているからね。

結果。

そう何事も結果そうなったということ。

 

先日、蛍の墓の解説動画を見ました。

節子が死んだあと

清太が食べた雑炊があって

清太が食べたスイカの皮があった。

無表情な清太に何を見るか。

悲しみのあまり人間性を失っているのか。

清太は節子が死んで

これでもう世話をしなくていいという安堵もあったのではないかと。

雑炊を一人で食べることができるという

現代人が考えるとあまりにも小さい出来事に生命力を費やさねばならない。

人間は生きようとする存在だから

人間は残酷な存在だから

そうした自己の本性を

窮地に目の当たりにする。

それこそが生命力。

 

映画の中のみではない。

これは全ての人類に本能として備わっているものだと思う。

人間は残酷でしたたかな生き物。

だから他者の一大事な奇麗事よりも

自己のしょうもない言い訳が重要なのだ。

そうして人を苦しめないと生きていけない存在なのだろう。

ゴミ袋を持って徘徊する女

夜19時過ぎですよ。

それでも最近は暗くなりましたが。

実家より自室へ帰る道。

ご近所なんでね、そこへ通りかかる人もご近所ですよ。

だってゴミ袋持って遠くの人が来ないでしょ。

明日はプラゴミの日。

女の持つゴミ袋にはペットボトルが沢山見えました。

ですがそれを持って、どこへ?

後をつけるわけではないですが

彼女が私の前を行くのです。

そうしてうちの共同住宅の共同ゴミ捨て場に……入れた。

んん?

この人は住人か?

明らかによそからやってきた彼女は

勿論マンションに入るわけではなく

別の方向に去っていく。

私は……

彼女と少しばかりの道のりを共にしたものだから

彼女の不審な動向を目に焼き付けた。

10歩ほど歩いて振り返ると

彼女もこちらを気にしていた。

私は、注意せずに

彼女の顔をしかと覚えた。

 

プラゴミ回収、早いんだよね。

確かに、私も何度も出しそびれてる。

だからきっと前日に出したいんだろうね。

きっと前日に出してたんじゃないかな

自分とこのゴミ捨て場に。

そして注意されたんじゃないだろうか。

だからよそのゴミ捨て場に?

 

勿論けしからん!!

でもさ、けしからん以上に選択肢を誤っていることに気付いていないのでは???

 

まず、朝早くに出したくないわけだよね。

そして前日に出したいわけだよね。

それが叶うなら皆そうしたいよね。

でもさ、前日にゴミ出すのは放火の危険性が増すし、景観も悪いし、カラスなんかに荒らされる可能性も増すし……

そんなこんなでよろしくないわけだよね。

だから朝一にゴミ出しするということに皆で決めてやっているわけだよね。

つまり、上記の彼女の行動は、ご近所とも協調性も無視して社会的リスクも無視して自分の都合を全面的に押し出して、自分は頑なに前日にゴミを出してやるんだっていう強い意志の元に行われている行動ということになるわけだ。

がしかし、こそこそと、よそのゴミ捨て場に。

 

そんなことするくらいならさー、朝ちょっと早起きしたらいいんじゃないのー?って思うんだけどねー。

朝いないとか?

何かどうしてもっていう理由があるとか?

 

いや、あの女はそんな顔してなかった!

ただ寝たいだけ!

注意されたから、腹いせに我を通したいだけって顔してたわ!

 

これまだプラゴミだからねー、黙っていられるんだけど

普通ゴミ出してるの見たら聞いてみたろーっと♪

伝えたい

私は毎日あなたについて色々考えてしまいます。

何かについて、こう思ってるんやろなー。
だから、こういう行動とるんやろなー。
いやでも、こっちの可能性もあるなー。

そして、どういうメッセージ送ったら私のこと気にかけてくれるかなー
私が喜ぶ返事くれるかなー。
会いたいと思って行動に移してくれるかなー。

ところが頻繁に失敗するのです。
私の予測に反する状況が生じるのです。
目に見えない相互作用って本当に難しい。
そうだ、書き出してみようかな、私の観察によるあなた像。

 

あれやなー
あなたは常に家族のことが一番に気になるもんやから、私が気にしてるから連絡だけでも入れといてあげなーと思い付かへんのやなぁ。
最も、連絡入れなあかんような関係性とは俺は認めていないといったような節も伺えます。

せやから、あれ、あいつからまた長いメッセージきてるわって見て、連絡せなあかんかったんやろかーみたいなレベルで、まーえーわ後で……とりあえず送っとこかーみたいになるんやろかー。

 

私の脳味噌死ぬまでしんどい、どうしようもないな😢😢😢

 

例えば

「なんか僕に会いたいみたいなメッセージくれてるけど、今週は実家の用事が立て込みそうやから無理やでー」

みたいな事前にくれたら
私の心労まだましやで。

 

面倒臭いんかなぁ……

 

「昨日はなんか、名残惜しそうやったから」と、私の気持ちをおもんばかってくれて、イベントの翌日来てくれたのが懐かしい☺💗

 

実家の用事お疲れ様ですと、気の利いた人なら言えるのだろうけど……

 

心労疲れましたら
事前連絡ほしいという文句が先にたちます涙

起伏だらけやーーー

沈。

連絡のない人。

これは自身が気にしているから連絡がないということになるんかな。

連絡が無くとも、こちらが気にしていなければ平気やもんなー。

例えばやけど

毎週連絡があって

今週ぱたりとなかったら

あれ?って思うやん。

週に一度は会っていて

先週は特に「週末会えないかもしれないから」と言って金曜日に会った。

なのに今週は連絡がない。

必ず連絡をするという約束なんて無いし

毎週会う約束なんてのも無い。

だけど、恒例行事が何か月も続いていて

それがぱたりと無かったら気になるやん。

しかも、こちらから問い合わせしても話題に触れない。

うーむ、どう考えるべきなんだ?

つまり、ものすごく楽しみにしていたものが急に無くなってしまった。

連絡が無いというのは、心配すべきこと?

え?何か大変なことが起こってる???

そんなことは無いよねぇ?

 

切ないお話し

自分を主語にして愛を語らない男は

それにどういう意図があるのだろうか。

つまり愛情表現をされないということ。

アイラブユーを言わないということが何を意味するのか。

思っているけど言えないのか

思っていないから言わないのか

前者ならかわいいが

後者なら辛い。

自分に愛は無いがやることはやる、だって好きだもん?

求められるのも気分いいし?

君だからではなく、他の誰であってもいいのだけれども?

たまたま君なだけで?

愛はないよ?

でも言えないじゃん傷付くだろ?

君を傷付けないために僕は言わないだけ?

でも嘘も言えないから愛しているとは言えない?

うーむ悩ましい。

そもそもはそうかもしれないが

女子は期待するもので

心は徐々に出も傾いてくれるんじゃないかと思ってみたりするわけで

そうしたら言ってくれるようになるんじゃないかとも思うわけで

だけど全く言葉にされなかったら寂しくもなるわけで

催促してみても言ってくれなかったらやじはり愛が無いからなのかと落胆してみたり

そんなわけでアウトプットしなければ収まりつかないわけで

私もそんなに悠長に待ってもいられなくって

何より言葉だけでいいのにね。

なんでその一言を男は拒むのか。

いったじゃんと追々問われることから回避したいがためか?

責任問題とかそういうことに怯えているわけか?

ひとこと「好き」と言うことがそんなに難しいことなのか?

言いまくっている私には不思議でならない。

思ってなくても言ってくれたらいいじゃない

それを言わないってどういう頑固なんだろうか?

お一人様

おもいっきりお一人様やってます。

私の部屋にはテレビがありません。

毎日なにしているのかと問われます。

私は毎日考えています。

寝ているとき以外はおよそ考えています。

道を歩いているときも大抵考えているので

あまり周りを見ていません。

 

私は私の思考の中で生きています。

誰も否定されない私の中で。

一人のときは天国ですね。

全てが私の思考ですもの。

ただ、それが良いかどうかは分かりません。

心地良くはありますが

他者がからむと途端に地獄。

いや全てではありませんが

地獄怖いですよ。

怖いのであまり関わりたくないですね。

 

それって、どうなんでしょう?

異なる意見に触れる経験

たまには良いのかもしれません。

へぇー面白いと思えるくらいには。

それが私につっかかってきたらもう逃げよう。

だって私はリベラリストだもの。

黙り込んで逃げるが勝ち。

 

そんなわけでお一人様がいちばん安全。

そとは猛吹雪。

部屋でぬくぬく

私の物語。

あなたの思考をポジティブに考えてみる試み

何故、私に対して否定的な言い方をするのか。

そのことが気がかりでした。

前回、私が嫌がったことを改めて蒸し返そうとした言葉に驚きました。

 

「コンセプトが定まっていないといけない」ということをしきりに言っていたと記憶します。

私は、かなり以前から「昭和レトロ」と言い続けているのに、何故「定まっていない」という見方をされるのかが不思議でなりませんでした。

「絵を描いてみたらいい」ということも言いましたね。

ですが、絵を描くも何も、今あるこのままだと言っているではないか。

今以上何かを求めているわけではないのに、何故絵を描かなければならないのか。

ふと、カフェAを例に挙げていることで思い付いたのですが……

もしかしてあなたが言うコンセプトとは、何かイメージするものを作り出していくものだと考えているのだろうか?

だとしたら、大きな齟齬が生じている。

私の言う昭和レトロとは、新たに昭和のものを集めたいだとか、昭和っぽい風景にしたいという嗜好ではない。

つまりAのそれを私は指していない。

正直、私はAにさほどの関心は無い。

ステキ空間ではあるが、それは全て作られた偽物。

私の好む価値は適塾のそれであり、我が家の工場のそのままなのだ。

つまり、幕末志士たちが情熱を発したそのままの場所であり、ばーばらが毎日あくせく働いた場所なのです。

つまり、その歴史に、実際に私は価値を置くのです。

決してAに価値が無いというのではなく、Aはこれからあのご夫婦が価値を作られていく場所なのです。

そうした私の価値観が、およそ他者から見たらジャングルに無装備で新入するようなものと見えるのかもしれませんが、私視点で考えるならば全く逆なのです。

興味しない何かしらの空間を作ろうとなんて思えないし、これからこの場所がどう変化していくかは、私と私に関わる人との物語なのです。

 

私は、その場所の備品へのこだわりよりも、そこで織りなす人間関係、笑いや涙といった感動こそに価値があると考えます。

イメージしにくいなら、東京にある「ランドリーカフェ」を検索してみてください。

洗濯機が置いてあるカフェなんですけどね、決してそれがメインではなく、人との関わりで店主が予期しなかった色んな風景が出来上がっています。

 

でも、決してそれをまねしたいという思いは全くありません。

このくらい寛容に変化していくやろうなって思っているということです。

 

私はそれ以前に、来られる方の思い出にこそ価値があると考えています。

古いものは自身の過去を想起するのに役立ちます。

あなたが昔の女優の写真を見て、古い映画を想起したように。

誰しも、自身の経験した良き思い出というのはとても大事で愛おしいものだと思います。

それを思い出すということは、忘れかけていた宝物を見つけるようなもの。

そういう幸せを、来られる方に感じてもらえたら嬉しく思います。

 

私は、あなたが思うようなジャングルに入っていこうとしているのではありません。

私は私の思いに自信があります。

それは、継続する自信です。

無理ならやめようなどとは、これっぽっちも思っていません。

どうなるかはもちろん分かりませんし、しんどいこともあるかもしれません。

だけど、やめるという選択肢はいまのところ持ち合わせていません。

 

何かまだ、疑問点があれば、優しく聞いてください。

決して上から物言わないでください。

教えてやろうなどという態度はとらないでください。

 

私はあなたと語り合いたいし、同じ目線で互いを尊重して話し合いたいと思います。

「それ以上言わないで」と私に言わせないでください。

発言の結果、私が落ち込むようなことは言わないでください。

 

人は、全く異なる経験をしてきているのだから、価値観が異なって当然です。

互いに理解しがたいこともあるでしょう。

ですが私は極力あなたと話し合って理解しあいたいと思っています。

それは、価値を同じにするのではなく、異なる価値観を認め合うということ。

そして、私がやりたいことを他の誰かがやるのではなく、私がやるのだという視点で見てほしいと思います。

私はあなたの価値観を邪魔したくはないし、あなたがあなたの人生を楽しむことを望んでいます。

あなたの円と、私の円の重なり合う部分を共有しましょ^^